子宮頸がんワクチンはこの国の闇を示しているのではないのですか。

(20170825追加)

 

(新しく追加文)


創○公○のゴリ押しした「子宮頸がんワクチン」問題です。画像のように、どんなに重篤な未成年の副反応被害者が居ても、それは0.08%や0,05%だから問題ないかのような宣伝をしています。恰も被害者は少ないから問題がないと強調しています。


これが平素から「平和の宗教」「女性を応援」と豪語している団体組織の発想でしょうか。未成年の女の子がお腹に10cmくらいの傷を残しています。このワクチン無償化を提案し推進した公○党議員は全ての被害者に説明し謝罪したのでしょうか。法廷闘争に発展しているそうです。


1100人以上の重篤な被害者が存在するようです。「まだ効果が認められていない薬」だから「当時超有名人だったZARDのボーカル坂井泉水さん」は、この提案がされる半年前に、信濃町の病院で、子宮頸がんを理由に不審死を遂げたのでしょうか。疑問が残ります。


村木厚子事件や島根女子大生虐殺事件と同じ不自然さが残るものになっています。ワクチンの効果はまだ疑問視されているものです。下記の情報も検証してみる必要があるのではないでしょうか。#創価 #公明 #子宮頸がんワクチン #ZARD #坂井泉水

下記は参考です。直リンクすみません。 #子宮頸がんワクチン #創価 #公明


http://vaccine.luna-organic.org/?page_id=18

 

http://satouclk.jp/2011/03/post-8.html

 

下記にブログ内関連リンクを載せます。被害者の実情についてです。

 

http://victim084.seesaa.net/archives/2017061004.html8

 

http://victim084.jugem.jp/?day=20170522

 

 

(以前)

 

1,フライングです。
子宮頸がんワクチンについて、もう一つ語っておく必要のものがあります。芸能人の話になりますが、ZARDというバンドのボーカルだった「坂井泉水」の件です。この事件も清水由貴子さんや朝木市議と同様に自殺として片付けられていますが、
2,実際問題として不自然極まりないものとして有耶無耶になっています。しかし調べると全てに某宗教団体が関係してきます。清水由貴子さんや朝木市議転落事件など、この宗教団体に関する人たちの不自然な死は枚挙に暇がありません。
3,何故このような確率になるのでしょうか。とても自然発生的に起こるものだとは思えないものばかりです。慶応大学病院(慶応義塾大学病院)信濃町 ZARD坂井泉水 松岡利勝農林水産大臣 #創価 #公明 #子宮頸がんワクチン #ZARD #坂井泉水 #朝木市議 #も清水由貴子

 

彼女が自殺した当日早朝には雨が降っていたそうです。あの構造のスロープの手摺は雨に完全に濡れるので、これで柵の手摺に座っていて誤って落ちたのではないかと言う話は完全に無くなります。
工作員はどうしても自殺にしたいようで維持で自殺説を主張しています。しかしよく考えると分かることです。あの高さでは死ねるかどうか分かりません。本当に自殺を目的としている人間がそのような方法を選ぶでしょうか。失敗する方が惨めで心と体を苦しめることになります。正式的にあの高さから自殺を試みる人はいません。ちなみにこの件についてはあくまで可能性の話ですが、偽装社会では病名は何とでも付けられることは「大阪駅前暴走事故など故意の事件事故」で説明しています。あの高さで死ねる程の脳挫傷になることの方が確率的に軌跡的だと思います。
残念ですが、これはどう考えても不審死です。
そして大事なことは、この不自然極まりない事件(不審死)が発生した同じ年(2007年)に「子宮頸がんワクチン」が提案されゴリ押しされているという事実です。社会的影響力のある超有名人がその法案と提出した党のお膝元(その党の母体である宗教団体が選挙したと言われる街の大学病院にて)で不自然死をした直後にです。とても自然発生的な因果関係とは思えません。そして、このワクチンは後々に千人以上の被害者を出し、その法案の正当性(当時効果が認められていない薬が何故に血税を使った無償化となるのか)も疑問視されます。海外の効果が認められた優秀な多くの薬が認証待ちになっているほどにチェック体制の厳しい日本に置いて不自然なことが起こっています。

 

 

 

(前回文)


そしていつものように「誘導工作員」やそれに触発された者たちが「不自然な死に方」には触れずに、恰も「自殺である」といった風潮に意地でも持っていくといった現象が見て取れます。画像の通りです。
このケースも嘘に嘘を塗り重ねるやり方や強調して問題視させるために、事件事故自体が不自然なものになっています。調べると「自殺」でも「事故」でも納得のいかないものになっています。
まず自殺説ですが、写真のように二階と言っても足が付く場所はセダン車の屋根より少し高い程度の場所です。柵を入れると3メートルあるかといった程度です。ここから飛び降りたそうですが、死因は脳挫傷です。脳挫傷ということは頭から落ちたと考えるのは普通でしょう。では3メートルの高さから真下に落ちるとすると、最初から頭を下に向けて落ちなければならない距離です。そこまで死ぬ意志があるのなら、なぜ屋上やもっと上の階を考えなかったのか。恐怖からですか。だったら頭からは落ちないでしょう。どう考えても矛盾しています。どちらにせよ、自殺を確信している人間がこのような死ねるかどうか分からない場所から自殺することは異例中の異例です。彼女はかなりの有名人だったようなので、自殺未遂の方が問題が大きいことはよく理解しているハズです。考えられない行動です。これらの不自然なパターンは「清水由貴子」「朝木市議」の件でも見られることです。ついでに言うと、「病室の身辺整理をしていない」「遺書がない」「慈善まで復帰の意志が強く、ファンとの付き合いもあった」など、これらの要因も不自然極まりないものです。もしファンや関係者のことを思ってのことであれば、そのような人が「遺書」を残さないこと自体が問題です。
腰掛け事故説と、この柵に腰を掛けたという説も出ていますが考えられません。まずここは通行場所です。その割に道幅が狭く、ビルの片側全面を使用したスロープになっているようです。これは全ての階からの共通で車椅子の人が通る場所だと思います。このような場所で自分は車椅子を停めて柵に座ることなどは考えられるでしょうか。しかも外側は駐車場のようです。車椅子の患者が通る細いスロープで外には人の出入りのある駐車場。超有名人がそのような場所で奇行(車椅子を放置し他の患者の邪魔になる可能性を無視して不安定な柵に座る)を行うでしょうか。柵の高さも1,2mほどあり、身長160cmほとの人間にはどんなに足が長くても地面には付かないでしょう。更に柵の上部もそれほど幅はなく、ここに一人で座っているといったことは考えられません。
他の事故説ですが、身長160cmに対して柵が1,2mと明らかに姿勢を崩して落ちるといったことは不可能です。更にその当時の本人は車椅子で外出しなければならなかったという話です。ですので、まず有り得ません。
残念ですが、これはどう考えても不審死です。

 

f:id:victim084:20171014012531j:plain

 

f:id:victim084:20171014012551j:plain

 

f:id:victim084:20171014012603j:plain

 

f:id:victim084:20171014012616j:plain

 

f:id:victim084:20171014012632j:plain

 

f:id:victim084:20171014012646j:plain

 

f:id:victim084:20171014012700j:plain

 

f:id:victim084:20171014012711j:plain

 

 

 

各ブログ内の目次リンクページです。
http://victim084.seesaa.net/article/victim084_links.html SeeSaa
http://victim084.jugem.jp/?day=20170528JUGEM
http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/04/170509はてな
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/17627365.htmlライブドア
http://ameblo.jp/victim084/entry-12278295700.html (アメーバ)

 

 

 

※これはあくまで何かが起こったときの保険です。覚えて置いて貰うだけで、何もない間は取り立てて取扱いは必要ありません。ただ、覚えて置いてください。よろしくお願いいたします。保険というのは万が一何か起こったときのために残しておくものです。それ以上でも以下でもありません。あくまで万が一のためです。
現在、あらゆる仄めかしで創価sgiから「命を狙われる」脅迫を受けています。このことはリアル、ネット、メディアを問わず同じ内容ですので、彼らの仕業だと断定しています。このことだけは強調しておきます。理由は私の文章に全て目を通して考えてください。
広島県福山市 平こうじ(これに近い名前です。)2017年現在44歳です。念のために記述しておきます。創価関連の配信者などに暗殺脅迫を受けています。
私には騒いで保険をかけることしかできませんので、念のために最近の仄めかしを書いて起きます。一般の方には関係ありません。犯人側との記録です。「合流」「参加」「家」「突撃」など。広島県福山市平こうじ44です。この地域での類似の事件があり、私の活動が急に無くなったりすると「創価」関連だと思っておいてください。
木造の古い家ですので押し入る可能性や放火、将来的に通院だけは外出しなくてはならなくなるのでその時に襲うケースが考えられます。創○学会を扱ってこういったことが起こることは確率的に問題があります。朝木市議の件もありますので仄めかしで
(それらの内容で)脅迫され続けている以上は知っておいて貰う必要がありました。普段はスルーしてください。もし広島県福山市で私の名前で事件が起こり、また音信不通やキチガイ活動に変わった場合は工作があったものと伝えていただければ有り難いです。
現在人生を完全に潰された被害者はこの位の覚悟で行動していると言うことを知ってください。祖母のカタキでもあります。