放火などは恐怖政治に利用される最たるものです。

脅迫の中に火災があります。これも恐怖政治によく利用されるもののようですが、国民は恐怖政治に対する防衛策の知識の共有も必要だと思います。今回は火災での脅迫がありましたが、「極度の平和ボケ」しているとアラユル不利な状況に追い込まれるのだなと思えるほどに「恐怖政治」の手段が多様化しています。
このような日本事情で木造を過信することは難しいと考えます。これらは将来に渡っての不安材料になるだけです。鉄筋コンクリートや木造でも外壁が耐火構造のものが望まれると思いますし、住宅メーカーもその方向性でしっかりと考えていく必要があります。また創○学会の被害報告で被害者の家だけ「シロアリ」被害があり大変なことになったという報告もあるようです。もし木材であればその対策が強く望まれます。
「まさかそのようなことは無いだろうと」平和ボケは止めた方が良いです。このような犯罪組織は「邪魔者を追い落とすため」「口を封じるため」に信じられない手口を使います。本当に奴隷になる前に知識と対策の共有が大事だと思います。日本国民ももっと現実を考えて「最低限、自分の身は自分で守れる」手段を確率するべきです。
私は「集団的ストーカー現象」に地上げ目的で巻き込まれ人生を破壊されましたが、誰でも巻き込まれる可能性があります。そのときに「にっちもさっちもいかない」状況に追い込まれたときに、また巻き込まれても対策が取れるように知識の共有が必要な時代になっていると言えます。国民がそれぞれに防衛手段を考えていく必要があります。
軍国主義も自滅を呼びますが、極度の平和ボケも奴隷化を生み出します。両極端は決して国民のためにならないことだと被害者になって気づきました。本当に「極度の平和ボケ」は「イジメられる側」か「奴隷」か「被害者」にしかなりません。「極度の平和ボケ」では決して平和にならないことは現在の日本の状況が指し示しています。なぜ平和な国での火災原因の一位が「放火」になるのでしょうか。真っ当な人間ほど「恐怖政治」を受けます。なぜですか。最低限の防衛手段を共有して確率するべきです。
#集団ストーカー #放火 #シロアリ #恐怖政治 #奴隷 #被害者 #いじめ

 

f:id:victim084:20171010143919j:plain

 

f:id:victim084:20171010143936j:plain

 

 

各ブログ内の目次リンクページです。
http://victim084.seesaa.net/article/victim084_links.html SeeSaa
http://victim084.jugem.jp/?day=20170528JUGEM
http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/04/170509はてな
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/17627365.htmlライブドア
http://ameblo.jp/victim084/entry-12278295700.html (アメーバ)