コンピュータウイルスに対する一般のおやじの提言。

旧石器時代のバファオーバラン問題を根本的に封鎖する方法。(追加2)


これからの第三者プログラムが動くCPUの設計はオブジェクト指向型CPUの設計に準拠するように策定する。現在ではCPUセキュリティ機構の設計当初とちがってメインメモリが32GBや64GB搭載が当たり前になってきていますので、もっとセキュリティにメモリを割くべきです。例えばセレクタの記述子データなどをもっと多機能にしても良いかと。
今のセキュリティはMMCのGDTとLDTでそれぞれのプロセス空間(論理アドレス空間と物理アドレス空間)は共に分離されています。本来は、それぞれのプロセスが他のプロセスの物理アドレス空間を扱うことはおろか、論理アドレス空間のプログラムやデータ内容も見ることもできません。また、ユーサーモードで動いているプロセスはこのGDTやLDTなどの特権命令を実行することもできません。
私が昔から言っているEMMC構想の初期の部分を言います。既にそうなっている部分があればすみません。
このMMCにプロセス内メモリの扱い方について追加します。現在はセレクタとして使われている昔はセグメントレジスタと呼ばれたものの機能を厳格にします。コンパイラアセンブラがこれに準拠すれば、素人のプログラマがミスしようが、故意に作ろうとしても事実上バッファオーバランはできないことになります。
CSに当たるレジスタをコード専用セレクタ用のレジスタ、DS,ESに当たるレジスタをコード専用レジスタ、SSに当たるレジスタをスタック専用レジスタとし、オプジェクト指向的にコードはCSが管轄する論理アドレス範囲のみで、特権命令やカーネルモード実行時のローダによる書き換え以外はできない。インスタンス領域やヒープ領域などのデータレジスタはDS,ESが管轄する論理アドレス範囲のみで、ここでは実行ができない。ユーザースタックはSSが管轄する論理アドレス範囲のみで、ここではPUSH/POPなどのスタック用の命令しか実行できない。
デフォルトの設定では、スタティックモードでこれらの専用のセレクタをいちいち指定しなくても規定の論理メモリ割り当てのものが使えます。例えば32ビット論理メモリ空間を四等分してCS、DSES、SS、OS窓に割り当てるとかです。モードでいくつかのタイプの割当があるでしょう。アクティブモードにすると上記のようにそれぞれのセレクタを容易して細かいアドレス範囲を設定できます。
追加として、BSレジスタの扱うセレクタに記述された物理メモリ範囲をバッファ専用にしてもよいかと。これとバッファ操作専用のマシン語コードを設定します。これにはバッファサイズで指定されたメモリをゼロかFFクリアなどを自動で行う機能です。更にこの時にバッファの最後に反転したFFかゼロを書き込みます。専用のマシン語コードでこのバッファに書き込んで行き、最後の反転がハード的に勝手にチェックされます。これで確実にバッファオーバランは防げます。
もう一つの機能は、バッファオーバーラン問題で取り上げましたが再現性の要素です。
バッファオーバランで故意のコードを実行するには、バッファの予定長以上のメモリに上書きしてそこにスタック領域があり、関数の戻り値を好きなアドレスに書き換えて関数が戻ったときに書き換えたアドレスがバッファ予定地とスタックの間にある上書きしたコードのアドレスにジャンプして実行させるといったものです。これだけでも大変なことで、これらの位置関係が事前に分かっていて更にその状態がこなければできない代物です。もともとそれほど簡単なことではないのです。
GHOST事件では、ヒープ領域を使用します。サーバプログラムで使用されるのでヒープ領域はユーザ依頼の状況で千差万別です。とても事前にアドレス体型が分かりその状態がくることが予測されるものではありません。これで実行できたら奇跡的な神がかり的なものです。しかも現在ではレアな関数です。これをネットでは「恰も直ぐに乗っ取れる」などと誇張表現されていました。15年も何も問題がなかったのはそのためでしょう。明らかにオープンソースに対する工作としか言えません。私が活動を始めた頃にです。
このことを逆に利用して、もっと確実に根本的にバッファオーバランを出来なくすることが出来ます。更に、どのような使い方でもヒープ領域やインスタンス領域の論理メモリをランダム的に配置する機能です。これはハード的にもOS的にもコンパイラ的にも可能です。こうすることで以下にバッファの後に書き込みができたとしてもアドレスが分からない、再現性がないので、上書きコードにジャンプすることはできません。この方法論はいくつかありますし、EMMC構想のAPIセキュリティ機能と被ってもいますので、今回は割愛します。また後日残りの方法論と一緒に提言するかもしれません。

上記2つでナインイレブン%解決します。残りは非常に確率論的に難しいので割愛しますが、残りのアイデアで200%解決するでしょう。

8月6日は原爆の日です。

本日8月6日は原爆の日です。
定形ですが一言だけ、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
私は広島の人間ですが、福山は広島市の真反対で遠く、また戦後暫くたってから生まれた人間なのであまり詳しくはありませんが。
一応広島の人間なので8月6日は頭に入っています。
原爆の話で、「創価学会 原爆 仏罰」で検索してみてください。
彼らの上層部が「広島の原爆投下は仏罰だ」などと発言しているそうです。
原爆とは神様や仏様が行ったことでしょうか。明らかに不幸な人災です。
人間が行ったことを彼らは恰も仏様が行ったなどと大デタラメを吹聴しているようです。
神様仏様が天罰神罰仏罰を行ったとしても、それは彼らの開祖らしい日蓮大聖人の教えを尽く破り、人々を騙して悪の道に先導している。
神様仏様の名を語って悪逆非道の限りを尽くしている、恰も悪魔が行うような行為をしている彼らが受けるべきものです。
もし仮に、神様仏様が行うのであれば、超巨大地震や巨大隕石や巨大太陽放射などの人間が出来ないことを行われると思います。
このように、広島の原爆を「創価学会が弾圧を受けたから落とされた」などと原爆被害を愚弄するような発言を平気で行う宗教団体をどう思われるでしょうか。
#創価 #原爆 #広島 #仏罰

 

 

各ブログ内の目次リンクページです。

http://victim084.seesaa.net/article/victim084_links.htmlSeeSaa
http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/04/170509 (はてな

ツイッター「hk1305hk」「hk1303」「hk1312hk」
https://twitter.com/hk1305hk
フェイスブックは「平こうじ」です。URLは下記です。
https://www.facebook.com/victim084
LINEID:victim084 平こうじ(広島福山)

mixi
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=65877586

(周知用) #victim084平こうじ #被害者@広島県福山市
どうか本当の被害者が戦っていたということを覚えて置いて下さい。
victim084平こうじ #被害者@広島県福山市

 

 

単なる一般のおやじの日本の不思議シリーズ。

日本の不思議なこと。(一般のおやじの暴露集シリーズ)20180802更新。
誰もこれらの真実には触れません。なぜでしょうか。
恐怖政治のために国民が犠牲になることがあります。知識を持って日頃からよく考えてみる必要があります。貴方はそれでも奴隷でいたいですか。
#創価 #公明 #独裁国家 #恐怖政治 #偽装社会 #監視社会 #情報操作 #情報統制 #言論統制 #言論封殺 #正義

No1.
「セキュリティは封鎖できません」と言いながら「固定IP」を推し進める。
固定IPが一番の攻撃対象になることは誰でも分かることです。
現在ではIPv6規格となり、IPの枯渇問題は解決しましたは、これは本質を隠す意味であり、だからといって固定にする必要はありません。
一般家庭ではサーバーなど作らないので、固定IPなどは必要性がないことなのです。サーバでもアクティブドメイン方式などで固定する必要もありません。
ではなぜ敢えて一般家庭まで固定IPにしてセキュリティを下げるのでしょうか。
少なくともプロバイダ内での変動IPにすることで、明らかにセキュリティが向上します。セキュリティソフトの件で説明していますが、現在の日本では、敢えてセキュリティを下げることや、対策を敢えてしないことが多く目立ちます。
同じPCを永遠と攻撃できるからです。
なぜなのかを考えてみる必要があります。敢えて危険にされている改悪が存在しています。国民は騙されています。

No2.
RFID技術やこれからのIOT技術では、その装置は電源や電池が必要ありません。
にもかかわらず、既存メディアはまだ「コンセントタップ盗聴」だけを扱います。
現在の高性能の盗撮盗聴はコンセントに繋ぐことも電池交換も必要ありません。
放送電波で電源は取れるからです。電波から直流電源ができます。
つまり、陶磁器のコップでも万年筆でも、何にでも超小型の盗聴機器は忍び込ますことができて、電源も電池交換もいらずに、半永久的に盗聴ができるということです。
だから電磁波の見える化が一番大事なことであると言っています。
にも関わらず、日本はWifiやIOTなど、セキュリティも考えずにこれを誤魔化そうとするかのように電磁波の氾濫を目論んでいます。
私はセキュリティ対策も成っていないのに、携帯で扇風機を動かす必要性を一切感じないのです。
選択性の多様化も求められています。要らない人にはそのような機能は付けないでください。ノートPCからWifiモジュールや無線モジュールを物理的に外せるように設計してください。これでも完全に安心ではないですか。それはOSセキュリティの件でやります。

No3.
マイクとスピーカーは相反定理があります。
回路さえ対応していれば、マイクはスピーカーになり、スピーカーはマイクになります。
この件で、ネットには「ダイナミックマイクはスピーカーにすると音が小さく、音質が悪い」また「逆に繋ぐと機器が壊れる」とだけ書き込みがあります。
それは、ダイナミックマイクは口径も大きく大音響のキレイな音を目的として作られているからそう思うだけです。
小さな用途であれば、ピエゾ圧電方式のマイク・スピーカーは一番適しています。火消し系の方は、このことには一切触れません。
回路が入力出力ともに使える設計であり、インピーダンス整合など回路とマイク・スピーカー用途の機器が遭っていれば使えるということです。
民生機器として正規に使うには音質が悪いというだけで、盗聴などには問題なく使えることは言いません。
また現存のスピーカーでも回路さえ対応していれば、音を聞きながら外の音を拾い上げることが可能なことは伝えません。スピーカーと思い込んでいるものが実はマイクであることも物理的には可能だということです。

No4.
防犯ネットパトロール地域連携は、明らかな監視社会です。
これを作ったような汚い組織が「あいつは性犯罪者」「あいつは万引き犯」と嘘を付くだけで、政治権力を行使できる組織ですので、体制から言われたのでは「アイツは社会不適合者」と簡単にレッテルが貼れてしまいます。
なぜ本人は何十年もどういわれていたのか知らされることはないのでしょうか。
なぜ意義申立するチャンスすら与えられないのでしょうか。よく考えてみてください。
これでは憲法も法律も警察もいらないではありませんか。
社会的ないじめで理不尽に人生を潰された人間のことは考えなくても良いのでしょうか。それで正義がまっとうできるのですか。
それが正しい運用であると誰がチェックするのですか。もし問題が発生した場合は誰が責任を取るのですか。説明責任と責任の所在がなく、いつも恣意的に悪用される危険に晒されています。この手の組織はいつでもご都合主義で、国民の人権のことなどは考えておらず、やりたい放題のお構いなしです。これがおかしいと言えないのでしょうか。
間違っていた場合は誰が責任を取るのですか。一個人の人生を背負えるのでしょうか。

No5.
スマフォの盲点。
ガラケーは組み込み型のプログラムなのでまだ堅牢ですが、スマフォのOSは汎用なので現在のPCのOSと同じようにウイルスもどきに弱いそうです。
ちなみに、スマフォの基本機能も、たとえば通常の電話機能もOSが管轄しているのでしょうか。
だとするとウイルスでOSがフリーズしてしまうと電話すらできないのではないでしょうか。
そうだとすると、偽装社会では被害者の方はガラケーも持った方が安心ということになります。マッチポンプのウイルスについては証拠付きで掲載しています。
携帯会社はスマフォと一緒に古いガラケーもセットで使えるようにするべきです。
同一時間に同時使用ができない。セルラー単位内で同じところにないものは切り替えられない。利用履歴で頻繁に切り替えて使っていないかを確認するなどの対策をとるだけです。緊急用になるので同時に使う人はいないでしょう。

No6,
※PCの文の一部が勝手に書き変わっていました。よくあることです。修正しました。
家の鍵などは事実上有名無実で破綻しています。ある程度の組織だと簡単に開くことが可能です。現在ではコソドロ程度しか役に立ちません。組織的に抱き込める鍵屋がいます。カルトが政治権力を持つと意味がなくなるということです。
元芸能人の清水由貴子さんなどの被害者が家の中のものが荒らされるなどの被害があったのはこのためです。もちろん私も多く被害を受けていますので知っています。警察はきちんとした定義のある犯罪や証拠が取れるものしか動いてくれません。
ではどうするのか。鍵屋でも壊わさないと開けられないような鍵があるようです。これもこの国では本当かどうかは分かりません。家内に防犯カメラを設置する方法があります。しかし、初期費用や電気代HDDなどの維持費、チェックの時間も膨大かかります。家の中に入られるのでこれらもきちんと施錠する必要があります。その録画機材のセキュリティの問題もあります。
それ以外では、被害者は勉強する必要があります。自分で作れば良いわけです。一部の専門家の領域を開放することや独学者支援やこれら知識の共有やオープンソース化の利用やDIYを推進するのにはこのような訳があります。
ドアの規格を統一するなりしてオープンデザインにするべきです。内部が分かり易い基本的機能だけの電磁ロックをどこの製品でも利用できるように規格化するべきです。セキュリティでは選択肢がとても大事になります。3つ以上の選択肢を推奨していますが、多ければ多いいほどよいのです。
内部に置く充電パックも規格化するべきです。外部電源端子で外部に鉛蓄電池なども利用できます。現在で1GHz動作の組込み用MPU基盤が1万程度で販売されています。自分でプログラミングすれば良いのです。
認証は汎用のセンサをこれも規格化するべきです。指紋、掌紋、掌紋血管、音声、アイリス、筆記手書き入力、顔認識、ICカード、磁気カード、SDカード、携帯からの送信コード、通常の数値入力、キーボード入力、バーコード、CRコード、三次元図形コード、タイムキー、映像入力、体温と心音併用などなんでも組み込むことが可能です。多重に組み合わせることもできるのです。
このドアを壊そうとすると振動センサが感知して携帯などに連絡されるようにすると更に良いです。
自分で作ればこれほど安心確実なものはありません。

No7.
安全の欲求の蔑ろ化。
三大欲といわれる生理的欲求と安全の欲求は誰しもが持つ基本的なものです。
5段階欲求だとか7段階欲求だとか様々の説がありますが、この4つが総じて一番上にきます。
金銭欲だとか名誉欲だとかと違って根本的なもので優先順位が高いことは明らかです。
その中でも安全の欲求は以外と見落とされています。海外では最低限の自己防衛の権利です。
日本ではこの基本的で普遍的で当たり前のことが蔑ろにされている危険性があり、これが恐怖政治に悪用されているフシがあります。
国家がこの安全の欲求を満たせない現状では、国民に最低限の自己防衛手段を与えるべきです。
私は銃社会には反対ですが、護身用のナイフなどは認めるべきです。自己防衛しか考えていないまっとうな人間であれば、事前に警察などに登録するだけで良いと考えます。後ろめたいことがないので喜んで登録するでしょう。
犯罪者はあろうとなかろうと所持しますし、世の中に様々な脅迫犯罪が起こっても事前に検挙されたためしがないということです。こちらの方が確率的に遥かにマシだと言えます。
桶川事件もアキバ事件も世田谷一家殺人も防げたかもしれません。
まあ、少なくとも防弾防刃チョッキなどが安く安定に購入できるような政策を取るべきです。
安全の欲求は基本的な権利です。誰も卑屈になる必要はないのです。

No8.
某大手掲示板のNG機能の不思議。
ネットの透明性と健全性は担保されるのが当たり前です。これが憲法を無視した情報操作が平然と行われているといった事実があります。
まずNG機能です。これは「何がNGになっているのか」を示す必要があります。これも当たり前のことです。ここがブラックボックだと恣意的に使われる可能性があるからです。
にも関わらず何が問題なのかを表示しません。これが健全で当たり前だと思いますか。
インフォームド・コンセントが叫ばれる中、2018年にもなって基本的で当たり前の設計すらできないことになってしまいます。
自分たちの都合の悪いこと。これは一般には公開しないから何でもできるということになります。公正明大(敢えて変えたい)にしなければならない。なぜ何がNGなのかを表示しないのでしょうか。
特に言論やセキュリティに関しては、ブラックボックスと例外が害悪になることの事例でもあります。
一見正当性のあるように見えるNG機能が、実は人を騙すために使われている。もっと国民は考えるべきです。
これはPCのエラーで「どこが問題なのか」を表示しないことも同じような類です。何度も言いますが、インフォームド・コンセントの時代です。ウイルスの情報は隠し持つ、エラーはどこが問題なのかも表示いない。おかしいと思いませんか。
これが偽装社会の特徴なのだろうと思います。正義のないものはよく隠蔽します。
実は某大手の掲示板ではNGになった文を複数に分けて送信すると全て表示されたという経験が何度もあります。つまりNGワードなどなく、恣意的に操作されているということです。
明らかに正規の手順に沿っていませんので、憲法違反です。

 

No9.
感電死の不思議。
はっきりと言って家庭内での感電死などは、現在では「宝くじに10回連続して当選する」よりも難しいことです。
にも関わらず、巷では「電気が漏れただけで即死亡する」ような風潮がまかり通っています。また、ことさらに恐怖を煽るだけのような構図です。
中学校でならった「オームの法則」と「キルヒホッフの法則」を思い出してください。
100vが仮に漏電したとしても、電流は抵抗値の弱いところに流れます。その比率はそれぞれの抵抗値の差です。
アース線が作用していれば、導線の抵抗値は殆ど0に近いので、人間の抵抗値などよりは遥かに低く、電流の殆どはそちらに流れます。当たり前のことでだからアースが付いています。
これに、水場ではスリッパを履き、更にマットが敷いてあれば、確実に起こりえないことです。これらの知識は万人が持つべきです。
素足でも下が通常の床であり、濡れてもいなければまず抵抗値が高すぎて流れません。100vに触れたとしても、大事なことは電流が致死量流れるかということです。
更に漏電して大電流が流れると漏電しゃ断器が瞬時に止まります。これが何段にもなっていると思います。抵抗値から言っても通常の状態では電流の流れるほどの回路になっていません。地面に裸足で立っていれば別ですが。確率論的には感電死する方が相当に難しいことなのです。
被害者で感電死などが起こると、一般人よりも分母が遥かに小さいので明らかに自然発生的ではありません。原因を良く調べる必要があります。川で子供が鹿よけ用の自作100v網に感電して死亡した事件がありました。これもヤラセの事件でした。その時期に行った内容です。彼らは平気で事件事故を作っています。ブログに書いてあります。日本国民がつまらないことで多く殺されています。電気器具火災の件では、子供が木材作品の展示物のおがくずにライトの熱が引火したとかで殺されていました。これもタイミング良く発生しています。カルトを放置すると性善説以前に人間的に考えられないことでも平気で行うこという事実が出てきます。日本でなぜこのようなと思うような事件事故は大抵が作られていると思った方が良い状況です。
脱線しましたが、被害者からのヒントです。温水器は確実に家の中に作るか、柵などで鍵などが付くようにする。人が触れないようにするべきです。私は一度温水器を壊されましたが、カルトは平気でそのようなことができる人種です。
年に2回は温水器の漏電遮断装置のテストをしましょう。この遮断装置は年2回でも何世代も持つ耐久性があります。壊れる確率の方がかなり低いことを頭に入れておきましょう。
この時にアースの抵抗値の確認をしましょう。湿気のある地面だと本体の金属部分と近くの地面を単純にテスターで図ってもある程度は分かります。正確には外したアースと地面との間に1kヘルツほどの交流電流を流してその電流量で確認できます。
イデアのところでも書きましたが、アースを2端子式にして、このような器具を一般化する必要があります。簡単な器具ですので千円以下でできるようなものです。2端子式アースパネルと交流チェッカを普及させるべきです。
そもそも水場に使われる機器は、昔は水道管を通して地面に埋められており、それ自体がアースの役目も果たしていました。最近では塩ビのパイプもあるので、これを一部伝導性の塩ビがあるようなので、地中に埋まる一部分でも導電性の塩ビにするように義務付けるべきです。それ以外は導線を内部に通すなり、一部分を銅管にするなりの構造が必要です。
ガス機器の漏電で「ビリビリ」したなどの報告がありますが、ガス機器などは殆ど電流が小さいものです。なぜ電流制限やトランスの0電位と比較して本体に電圧が掛かっているなどを検出いないのかが不思議です。現在の技術では簡単にできるチェック機構すら内蔵していないことの方が問題だと言えます。
恐怖を煽る前に、簡単な対策ぐらいは推進してほしいものです。

 

No10.
平和の国で火災第一位の原因が放火の不思議。
「平和でまともで美しい」と言われる日本ですが、妙な数値も多くあります。
その一つが、この国の火災の原因のトップが放火なのです。
よく言われるコンロで油ものなどよりも多いのです。
どう思われるでしょうか。
まあ、ことの成り行きは置いておいても、安全安心を担保するためには人生で一番大きな買い物はよく熟考するべきときだと思います。
単刀直入にいうと、鉄筋コンクリートが一番安全です。
少なくとも、外回りの耐火基準が高いものがオススメされます。
住宅メーターも外壁の耐火に力を入れるべきでしょう。
屋根やベランダなども当然そうなります。
外壁は全て耐火パネルの方が無難です。
結局は鉄筋コンクリートが一番安全だということです。
まあ、それでも全人口からは火災などは微々たるものです。
被害者の家で放火などあったらその方が確実にカルトとの因果関係が証明されるということです。よく調べる必要があります。

No11.
左ハンドルの不思議。
これは格好良いからといった理由以外にも考えられます。
対向車の問題です。梅田でも博多でも暴走事故が起こっています。
説明したようにヤラセですが。
もし乗用車に対向車のダンプが中央線をはみ出して来たらどうでしょうか。
明らかに左ハンドルの方が運転手は助かる可能性が高いです。
また、軽自動車よりは頑丈な車の方が生存率が遥かに高いです。
ワンボックスよりも前にエンジン室がある車の方がまだ安全と言えます。
実は格好良い以外にも実用的な部分があるのです。
私は罰則に重量過料を入れることを求めます。合理的だからです。
軽自動車よりはダンプカーの方が圧倒的に責任が思いということです。
ダンプ同士であれば普通ですが、軽自動車とダンプ同士でどちらがより責任が重いのかは誰でも理解できます。
飲酒運転の危険運転は考えるのに、こちらが考えられないことの方が問題なのです。

 

日本の不思議なこと。(一般のおやじの暴露集シリーズ)
No12.
まだコンセントタップ式の盗聴器しか言わない不思議。
No2の続きですが、メディアなどは未だにコンセントタップ型の盗聴器しか扱いません。
電源も要らないし電池交換も必要ない。どこにでも於けます。放送電波から直流電気を作る技術は日本が得意のようです。なんとディスプレイの漏洩電波の傍受の技術が凄かったのも日本のようです。
また、かなりの小型化ができます。メディアの映像に映る基盤には、抵抗、コンデンサ、コイル類などが沢山入っています。
現在では、DSP技術があり、これとフーリエ級数を利用するとチップ一つで電波の変調復調ができます。
チップ一つとプログラムだけでほぼあらゆる周波数帯の電波を音声に変換したら、音の波形を特定周波数(ラジオのFM帯域など)の電波にして飛ばすことが可能です。
指の先ほどに乗る米粒程度のシリコンウエハに64個のCPUが入ったものが存在しています。
DSPは米粒の更に64分の1サイズです。
No.3で言ったように、コイルと永久磁石を使用したダイナミックスピーカーは小型化が難しかったです。それがコンデンサマイクにして小型化されました。更にピエゾ圧電素子だと米粒程度でできるでしょう。
そして世の中にはガラス窓や壁板などに押し付けて、恰も巨大なスピーカーとして音楽を鳴らず機器があります。伝振動スピーカーというものです。
この米粒程度の機器をケースの裏側に接着するだけでケースがマイクになるでしょう。
もはやどこにでも盗聴機器などは仕込める時代と言えます。
電磁波の見える化を進めることが大事だと思います。何事も見えないことで疑心暗鬼になり見えないものを見えるようにすることで安心します。

No13.
テンペストの不思議。
テンペストとはディスプレイの映像端子などから漏洩する映像波形を傍受して、同期信号と映像信号を割り出して、別の画面に再構成して表示するものです。
これは海外では古い技術ですが、日本では比較的最近まで高性能な研究がされていたようです。最近までは日本が技術は上なのではないかと思います。
この話をした直後に「このような機器は誰でも作れる」などのような質問サイトがありました。いつものミスリードです。
現在では、当時より電磁波漏洩の基準が非常に厳しいので、一般ではこのような機器は到底扱えません。かなり技術力の高いものになっています。
更に漏洩する電波を傍受するものは、勝手な命名ですが、パッシブ型テンペストと呼んでいます。これはRGBデータが渾然一体となって飛んでいますので、当然画面はモノクロでノイズだらけのものとなります。
問題は次で、実はディスプレイなどの機器自体から別の機器を経由して自分から信号を飛ばすものの可能性があります。画面表示信号を別の周波数に変調して自分から電波を飛ばします。電源は本体から取れる分で十分可能です。
この場合は、カラーで鮮明な映像が見れることになります。
電磁波の見える化とその電波のアナライズ分析する技術の進歩と一般化が望まれます。

 

No14.
バッファオーバーラン問題とシグネチャ方式の不思議。
ネットの文献には、バッファオーバランは。
「入力データをバッファに入れる際に、そのバッファのサイズを検査しないために、バッファとして確保した次のメモリにまで書き入れて、バッファ領域として指定されているアドレス範囲を超えたメモリが上書きされて、ご動作が引き起こされる。その予定外のメモリにJUMPアドレスなどを書き込んで、またはコードを書き込んで実行させる。
バッファオーバランが起きた場合、通常は該当プログラムの動作が不安定になったり停止する。しかし、しばしばそのようなバグを含むプログラムに対して意図的に悪意のあるデータやコードを与えることによってコンピュータの動作を則ってしまえる可能性がある。」
などと書かれています。
実際はそのように簡単なものではないでしょうと言いたいのです。現状の秘密主義であれば、対策をするつもりがないように見えてしまいます。
まず、オブジェクト指向です。これは、コード領域とインスタンスであるデータ領域が完全に分かれた設計です。これだとデータ部分が破壊されてもコード部分に書き込むことすらできません。コード部分は通常はローダのみが書き込みができ、一般プログラムは書き込みができません。またデータ部分にコードを書き込んでも実行ができません。通常はこのアプリだけの異常動作や停止のみでしょう。
つぎに、ユーザーモードプログラムは悪意のコードがあっても、通常は「実行メモリの分離」と「特権命令の禁止」などでシステムコードは守られています。OSカーネルなどに直接ジャンプしたり、他のアプリのメモリを閲覧することすらできません。
ユーザーモードのプログラムは自分のメモリ上での計算など以外はOSが提供するAPIでしかコンピュータの機能を使えない構造になっています。またクライアント・サーバモデルでAPIコードは完全に分離され、規格外の命令は受け付けません。そんなに簡単にシステムを乗っ取るなどはできないことです。恰も簡単に何でもできるように吹聴されています。
環境サブシステムのAPIにはそれほどの脆弱性(論理的整合性)があるとも思えないので(そんなに多くあれば開発者の質を疑います)、なぜ具体的なものを公開しないのか理解できません。危機管理上はこの部分の具体的な方法論を公開して対策をとるべきものです。公開されれば誰でも参加でき、私程度でも対策の答えが見つかるかもしれません。
ちなみに、スタックオーバーフローとヒープオーバーフローなどの類似があるますが、スタック領域もコードとデータ領域以外で通常はハード的に分離できます。スタック領域内でのコード実行ができないのは勿論のこと、この領域にPUSH、POP系列命令以外の操作ができないことは当たり前です。(スタック領域の戻り値操作による悪意あるコードも考えられますが、5つの対策で不可能になります)なのでそれ以外のバッファ操作をする命令では書き込めないことが大事です。ヒープはAPIを使ってメモリを割り当てて貰い使用するものですが、ここもデータ領域と変わりません。コードが直接使用するインスタンスデータ領域やスタティックデータ領域ともそれぞれが分離できることが大事です。
しがない私でも既に根幹的な対策案が5つあります。これを行うとバッファオーバランによる悪意プログラムを作ろうとしても作れないでしょう。なので初心者が考える必要(本当はその姿勢が大事ですが)すらなくなります。まだ公開はしませんが。
ウイルスは年間に何万種類も発生するとありますが、現在のPCにおいて根幹的で致命的なものがそれほどあるとは思えません。バッファオーバーランは致命的で根幹的なものの代表ですが、これですら旧石器時代で根本的な対策が取れます。脱法ドラッグと同じで根幹的なものを対策を取らずにそれを使った亜種が膨大にあるようにしか見えません。つまり根幹対策をすると一気にその数万種類(この方法だと無限に作れる)が消えてなくなり、それを使ったものが金輪際出来なくなります。だから、シグネチャ方式は無意味だと言っています。無限に作れるのですから、そして本当に目的に絞ったウイルスは一度しか使われず、最初に使用されるのですから大災害が起こってからしか発見されません。無限に亜種が作れて起こってからしか発見できません。残念ながらこれではマッチポンプも容易だと言わざるを得ません。

 

 

=========================

 

現在、本当に創価学会に脅迫されています。もしもの時のために下記動画などはDLして手元に置いてください。
許可なく使用は自由です。寧ろ匿名で構いません、拡散を希望します。海外にもお願いします。
何があっても創価と戦っていた男がいた事は覚えて置いてください。#創価 #公明 #集団ストーカー

創価学会と仏教(棒読)_テスト4.mp4
https://video.fc2.com/content/201803177XFxT1th
https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=ycWVwtDpSqg
https://vimeo.com/260561905
https://streamable.com/s/hjb3z/mxapfj
#創価 #公明 #仏教

黒い手帖(棒読)_テスト3.mp4
https://video.fc2.com/content/20180316dTUkA2TK
https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=05eEuCaUFzw
https://vimeo.com/260451872
https://streamable.com/s/3rj1w/ypyrxi (分割1)
https://streamable.com/s/hk2oz/cggzhp (分割2)
#創価 #公明 #黒い手帖

創価日蓮大聖人(棒読)_テスト3.compressed.mp4
https://video.fc2.com/content/20180322nbCQhQaW
https://vimeo.com/261287027
https://streamable.com/s/gyy6q/asteah

#創価 #公明 #仏教 #大聖人 #麻薬 #核兵器

創価と麻薬と核兵器(棒読)_テスト1.compressed.mp4
https://video.fc2.com/content/20180323GDEbVbrt
https://vimeo.com/261368583
https://streamable.com/s/o34ab/prjhsu

創価タックスヘイブン(棒読)_テスト1.compressed.mp4
https://video.fc2.com/content/20180325aLtxTKs9
https://vimeo.com/261646008
#創価 #パナマ文章 #タックスヘイブン

創価公明のマッチポンプ事件。2009年問題(棒読)_テスト3.compressed
https://video.fc2.com/content/20180404rcTVaZSZ
https://vimeo.com/263035521
#村木厚子 #島根女子大生殺人

念のために分散しています。妨害があるかもしれませんので見えるものを確認してダウンロードして置いてください。お願いします。
2009年問題(棒読)テスト3(圧縮版)
https://box.yahoo.co.jp/user/viewer#du%3D07f32496-658f-4363-84a3-7ec7d7cfab68%26ds%3Dbox-l-6bm5zgzzkwtut6yccv6yjeafea-1001%26tu%3Dc5febfa0-6262-4291-a703-7f81fda64007%26ts%3Dbox-l-6bm5zgzzkwtut6yccv6yjeafea-1001%26vt%3DmyStorage%26lf%3Dthumbnail%26ls%3D1%26lm%3D20%26id%3D1
創価と麻薬と核兵器(棒読)テスト1(圧縮版)
https://box.yahoo.co.jp/user/viewer#du%3D07f32496-658f-4363-84a3-7ec7d7cfab68%26ds%3Dbox-l-6bm5zgzzkwtut6yccv6yjeafea-1001%26tu%3Dfa142751-4053-4652-9edc-405624d78d44%26ts%3Dbox-l-6bm5zgzzkwtut6yccv6yjeafea-1001%26vt%3DmyStorage%26lf%3Dthumbnail%26ls%3D1%26lm%3D20%26id%3D1
創価日蓮大聖人(棒読)テスト3(圧縮版)
https://box.yahoo.co.jp/user/viewer#du%3D07f32496-658f-4363-84a3-7ec7d7cfab68%26ds%3Dbox-l-6bm5zgzzkwtut6yccv6yjeafea-1001%26tu%3Dab139b76-7462-49f2-9836-0f63981e542d%26ts%3Dbox-l-6bm5zgzzkwtut6yccv6yjeafea-1001%26vt%3DmyStorage%26lf%3Dthumbnail%26ls%3D1%26lm%3D20%26id%3D1
創価学会と仏教(棒読)テスト4(圧縮版)
https://box.yahoo.co.jp/user/viewer#du%3D07f32496-658f-4363-84a3-7ec7d7cfab68%26ds%3Dbox-l-6bm5zgzzkwtut6yccv6yjeafea-1001%26tu%3Dbf443f3a-515a-4867-8d96-5b40681e3909%26ts%3Dbox-l-6bm5zgzzkwtut6yccv6yjeafea-1001%26vt%3DmyStorage%26lf%3Dthumbnail%26ls%3D1%26lm%3D20%26id%3D1
憲法20条ベータ2
https://box.yahoo.co.jp/user/viewer#du%3D07f32496-658f-4363-84a3-7ec7d7cfab68%26ds%3Dbox-l-6bm5zgzzkwtut6yccv6yjeafea-1001%26tu%3D4a530de6-33c9-4f6f-8a7c-a86ae51249d7%26ts%3Dbox-l-6bm5zgzzkwtut6yccv6yjeafea-1001%26vt%3DmyStorage%26lf%3Dthumbnail%26ls%3D1%26lm%3D20%26id%3D1
黒い手帖(棒読)テスト3(圧縮版)
https://box.yahoo.co.jp/user/viewer#du%3D07f32496-658f-4363-84a3-7ec7d7cfab68%26ds%3Dbox-l-6bm5zgzzkwtut6yccv6yjeafea-1001%26tu%3Da2077e5e-a9d2-4691-8923-f0aa66ccc2a4%26ts%3Dbox-l-6bm5zgzzkwtut6yccv6yjeafea-1001%26vt%3DmyStorage%26lf%3Dthumbnail%26ls%3D1%26lm%3D20%26id%3D1

念のために分散しています。妨害があるかもしれませんので見えるものを確認してダウンロードして置いてください。お願いします。
黒い手帖(棒読)_テスト3.圧縮版
http://www.veoh.com/watch/v1410698023fdmQjKQ
憲法20条ベータ2.(圧縮版)
http://www.veoh.com/watch/v141070114MAWq6bT5
創価学会と仏教(棒読)テスト4(圧縮版)
http://www.veoh.com/watch/v1410701174zcDDG4x
創価日蓮大聖人(棒読)テスト3(圧縮版)
http://www.veoh.com/watch/v141071396RAkPXeB9
2009年問題(棒読)テスト3(圧縮版)
http://www.veoh.com/watch/v141079251dJqwDr8t

妨害のため、念のために分散しています。見えるものを確認してください。
創価学会と仏教(棒読)_テスト4.mp4
https://streamable.com/s/hjb3z/mxapfj
#創価 #公明 #仏教
黒い手帖(棒読)_テスト3.mp4
https://streamable.com/s/3rj1w/ypyrxi (分割1)
https://streamable.com/s/hk2oz/cggzhp (分割2)
#創価 #公明 #黒い手帖
創価日蓮大聖人(棒読)_テスト3.compressed.mp4
https://streamable.com/s/gyy6q/asteah
#創価 #公明 #仏教 #大聖人 #麻薬 #核兵器
創価と麻薬と核兵器(棒読)_テスト1.compressed.mp4
https://streamable.com/s/o34ab/prjhsu
拡散希望です。
よろしくお願いします。

 

ウイルスマッチポンプ疑惑の不可解部分の説明

(20180719追加)
何事も「ブラックボックス」と「例外」が腐敗の温床であることは歴史が語っています。
OSの「オープンデザイン」と「学術的オープンソース」以外には国民の安全安心やプライバシーの侵害から見を守る手段はなく、セキュリティは担保できないと思います。
カルトなどが権力に蔓延る社会では、「一部の専門家などに何でも任せきる」ことが悪意ある恣意的な意思に取り込まれる確率を増やします。
国民が常に興味と関心を持ち、国民の常識が反映する構造に変えていくことが、一番のセキュリティの担保に繋がります。

フライング
これだけPCがなくては社会が成り立たない状況にあります。情報の漏洩やデータの改ざんや消失。一度問題が大きくなると多大なる影響を及ぼします。人名に関わることもあると思います。
PS法しかり、リコールしかり、なぜソフトウエアだけは例外なのでしょうか。ソフトウエアだけ、とりわけ根幹に関わるものには製造者責任はないのでしょうか。納得がいきません。
論理的に考えれば、少なくともオープンにするもの以外は責任を持たせるべきだと思います。もちろんオペレータ問題などの社内のものもです。

どの産業も時間が経過すると誰でも作れる状態になります。なぜソフトウエアは例外と言えるのでしょうか。
自動車でも家電でも、最初は特定の会社だけが作れたものが、今では世界中の多くの会社が作れるようになります。
魔法瓶でもパーソナルコンピュータもです。
なぜ基本的なソフトウエアは旧態然として不安定なままなのでしょうか。なぜ適切な競争が少なくセキュリティが改善しないのでしょうか。よく考えてみる必要があると思います。

一方で、現在の社会は「コンピュータ」なくしては動かないと言われています。病院の生命維持装置から銀行証券など経済基盤の中心、インフラの管理、人に危険を及ぼす機械などと、
世の中のあらゆるクリティカルな部分すべてに及びます。これは危機的な問題になりうる話しです。

 

 

(以前)

トロイの木馬編>フライング1
ソースプログラムはコンパイラ機械語に変換されます。この機械語マシン語)の数値の並びがコンピュータが解釈して実行できる言葉です。
コンパイラ機械語にされた実行可能ファイルやライブラリモジュールファイルは「名前」と「バージョン」と「ファイルサイズ」が決定されます。
これに実行可能ファイルの機械語CRCチェックサム方式で計算すると数百kバイトのファイルでも例えば128ビットや256ビットの数値になります。
「ファイル名」と「バージョン」が一致するファイルの「ファイルサイズ」と「CRC数値」が開発元から送られていると、HDDなどに存在する同じ「ファイル名」と「バージョン」の実行可能ファイルは「ファイルサイズ」と「CRC数値」が同じものは一意に決定されます。
この実行可能ファイルにどのようなウイルスコードが紛れ込んでも必ず「ファイルサイズ」と「CRC数値」が異なるから一発で発見できるということです。
CRCとは例えば一番簡単な例で言うと、実行可能ファイルの先頭から128ビット区切りで順番に足していく。この過程で128ビットを超えた桁上りは捨てて、残った128ビットのデータでまた次の区切りを足していく。同じ手順で最後まで足した結果の128ビットの数値のことです。
実行可能ファイルを128ビット区切りで区切っていますが、どこの部分が改竄されても最後のCRC数値は変化したりファイルサイズが変わるので発見できるということです。実際にはプログラムには書式規則やアルゴリズムに従わなければならないので前後の数値が入れ替わる程度の変化では済みません。確実にこの計算をするだけでオリジナルのプログラムと違いがあると変化に気付きます。
実際のチェックサムの計算は偽装ができないようにもっと複雑な計算方式になっています。発行元がコンパイルしたファイルと少しの変化もなく同じであるかどうかは直ぐに分かることです。
このHDDにファイルとして存在する実行可能ファイル(プログラムコードファイル)やモジュールファイルはOSのローダーというものがメモリに読み込んで、初期設定して実行されます。プログラムが勝手に動く訳ではありません。どの実行可能ファイルもローダーを経なければ実行できないのです。
ここで、各実行可能ファイルは実行時のローディングの際にCRCとサイズをシステムDBの情報からチェックするだけで「トロイの木馬」などは考えられないと言えます。インストール時に「ファイル名」「バージョン」「サイズ」「CRC」がシステムDB化されるだけです。
更にセキュアファイルシステムだと、これが記録されているHDD領域は第三者プログラムでは改竄はおろか閲覧もできません。どの環境サブシステムのAPIを使ってもできません。ハードウエアに繋がった指定の入力機器から直接にルート権限の指示がないとこのような操作はできません。ネットからの遠隔やプログラムからの指示は禁止できることなのです。
更に、セキュアファイルシステムの管理領域にインストールされると、インストール時にチェックするだけで、毎回実行時のローディングでチェックする必要もありません。なぜなら上記のようにそこにある実行可能ファイルは改竄ができないからです。また、そこのファイルを変更するAPIが実行されてならば変更フラグが経ち、管理者にもインフォームド・コンセントされますし、次のローディング時には再度チェックされます。殆どシステムオーバーヘッドもありません。
このような対策が2018年にもなってまだされておらず、相変わらす同じファイル名で同じバージョンの実行可能形式のファイルにCRCの亜種(CRCの違うもの)が何千と世界に存在しており「確率論」で言われています。CRC亜種でも60%の人が使用しているので大丈夫などです。
本気で対策を取れば100%開発元のサイズとCRCで一致させることができることです。これをもってして「ウイルスは封鎖できません」と発表されています。

 


<CPUセキュリティ機構編>フライング訂正校正1
それぞれの実行可能ファイル「プログラム」はファイル形式でディレクトリにあると思います。これを実行するとタスクやスレッドになり、ほぼタスクマネージャに表示される単位となります。
これらのタスクスレッドは、実行するときに読み込まれる論理メモリ空間はもちろん、物理アドレスも独立して分離されています。要はDRAMのアドレス範囲領域ですが、それぞれのプログラムは分離されており、他のプログラムの領域にある情報を読み出すことも書き込むこともできないようになっていると思ってください。
本来の設計では、一つのプログラムが暴走しても、他のプログラムのメモリ領域は汚染できないといった構造です。
また、一般のプログラムはユーザー(リング3)モードで実行されており、これらのプログラムはIO命令などの特権命令(OSカーネルなどが実行するリング0モードの命令)を実行できません。システムの設定や運行に関わるような特殊なCPU命令は実行できないということです。
すべてのユーザーモードプログラムは、OSが提供する環境サブシステムなどのAPIを通してしかOSの機能を利用できません。画面に表示するだとか、ディスクに読み書きするだとか、キーボードやマウスの入力を取得するだとか、デバイスドライバに命令を出すだとかのすべての機能はAPIを通してしかできないということです。基本的にユーザープログラムはAPIを使わないと何もできません。他のプログラムを起動して実行するなどはOSのAPIを使用しないと出来ないことです。
このサブシステムもクライアント・サーバモデルできちんと分離独立されています。許可されたAPIを規格化された引数の型と、引数の順番と、引数の数で呼び出さないと動きません。サブシステムの好きな部分に直接ジャンプして実行するなどはできません。本来は与えられた機能しか使えないのがこのクライアント・サーバモデルです。
OSカーネルデバイスドライバ、セキュリティソフトの根幹部分以外は、その殆どがユーザモード(リング3)で動きます。メモリも分離されて特権命令も使えません。それぞれのプログラムに悪意のあるコードが実装されていても、所詮はその範囲でしか悪さができないのが本来の構造です。
にもかかわらず、現在はこれらの根幹的な安全対策を超えた不具合が被害者のPCでは起こっています。それはまったく不可思議なものと言わざるを得ません。あらゆるセキュリティソフトを使用しましたが防げたことがないのです。分厚い専門書に書いてあるような堅牢性が殆ど効いていないといった現象が起こっています。書いてあるNTの堅牢性が嘘ということになってしまいました。
そして、何千万とあると言われるウイルスの構造や、どういった方法(脆弱性)なのかは一切公開されません。公開されているのは一般人の私程度が突っ込める初歩的な話がかりです。全く懐疑的でした。
また創価学会や私の活動に関することにタイミング良く反応しています。世界中で様々の思想の、また様々な手法で作られたウイルスが、作られたらすべてのウイルスが必ず創価学会に反応するような宇宙法則でもあると言うのでしょうか。またそういったPCにだけ多く集まると言うのでしょうか。ナンセンスです。逆に言うと疑わしいということです。彼らが作らないと起こりえないことが現実に起こっています。そして敢えて防いでいません。
更に、リング1や2などの構造が一切使用されておらず、使われずにデバイスドライバやセキュリティソフトなどのセカンドパーティ(OSを作ったところ以外のソフト)が同じリング0カーネルモード(特権モード)で平然と動く仕様になっています。一切分離されていません。これではOSのメモリ自体も好き放題に改竄できてしまいます。これらの設計も意味不明なことです。現在の技術では殆どシステムオーバーヘッドを掛けずに分離できるはずです。
私の意見としては、セキュリティやクリティカルな部分に関するOSカーネルなどの根幹な場所は学術的オープンソースにして、同時にデバイスドライバやセキュリティソフトは別のモードに分離するべきだと考えます。私はスフィアプロテクション構想(機能していないリングプロテクションに対するアンチテーゼ;)としてハードから設計をやり直すべきと言及しています。

 


ファイルシステム編>フライング訂正校正1
ハードディスクは、磁気ディスクが複数枚重なった構造です。
簡単化すると、各ディスクにシリンダ番号、各ディスクの同心円状の溝にトラック番号、それぞれのトラックを分割してセクタ番号を付けて位置を識別しています。
最小記録単位がセクタサイズとなり512バイト単位で扱うなどになります。
我々が扱うのはファイル単位であり、このファイルは可変長なので複数のセクタの繋がりで記録されます。例えば、200バイトのファイルであれば一つのセクタで表わせますが、1kバイトだと2つ3つのセクタを数珠つなぎにして記録することになります。
我々利用者は「フォルダやファイル」を意識して操作するだけで、これらの根幹にある「シリンダ・トラック・セクタ単位」の直接の操作を必要としないでも利用できるようになっています。この抽象化は、ファイル内容以外の部分である、ディレクトリ構造やファイルに関連する管理データなどをOS以外の一般のプログラムが直接に弄くれないようにカプセル化します。これに抜け道があれば、ファイル内容以外の重要なファイル管理情報や構造を守るという本来の目的を確実に担保していないのではないかと言った疑念が出てきます。
(中略)
何が言いたいかというと、我々は通常はファイル単位で扱い、その具体的なセクタ単位のファイル内容以外の細かい操作はOSが管理し隠蔽して抽象化している。通常の利用ではこれで十分だということ。
HDDには、我々が使うファイル内容以外に、ディレクトリ構造の情報だったり、記録日時や更新日時の情報だったり、アカウントなどの属性情報だったりとシステム的な情報などもセクタ単位で同じように書き込まれています。
一般が使用するプログラムがOSのサブ環境システムAPIに対して指示を出すのは、ディレクトリやファイル単位で行うものだけで通常は事足りるのですが、このAPIの中には物理的なシリンダ・トラック・セクタ単位(CTS)で読み書きするものがあります。
このCTS単位で読み書きするネイティブなAPIが野放図に扱われる構造だと危ないということです。
私はユーザープログラム(リング3)は基本的に自分(実行プログラム)のある位置(カレントディレクトリ)とそれ以下のサブディレクトリやファイルしか操作できないようにするべきと唱える人です。つまり、その上にある他のソフトのディレクトリやシステムディレクトリなどを扱えないようデフォルトでは決めておくことです。通常のプログラムではそれで問題がありません。
事前にユーザーが設定した別の場所のディレクトリや、それぞれの操作で直接ユーザーが指定するディレクトリなどは別(指定されたディレクトリのみ許可する)ですが、これだけで自分以外のプログラムが管理するディレクトリやそれ以下の木構造サブディレクトリを自由に読み書きできなくなり、改竄ができなくなります。
これと同じように、というか、それ以上にCTS方式は厄介で、ファイルシステムディレクトリ構造とは関係なくHDDのすべてのセクタを読み書きできるAPIがあってはいけないと思っています。システム領域がある部分やセクタ0やIPL部分までもが自由に改竄できるからです。これがあるとファイルの作成日時や更新日時の信憑性までが崩壊してしまい大きな問題が起きたときに役に経ちません。私の提唱するセキュアファイルシステムでは、ファイルの作成日時の改竄やパスワード領域の閲覧も、ネイティブAPIですら不可能にできます。普通はそうするべきでしょう。
本来は通常のプログラムがCTS方式で「セクタ0」や「IPL」「パーティション情報」などを扱うAPIを使ったら報告なり阻止する必要があります。システム情報などもそうです。今のファイルシステムにはきちんとそれらが整備されていない。または非公開などの怪しいメソッド(バックドア脆弱性になる)が存在する可能性があり、実際にそのような被害を受けています。だから、システムの根幹に関わるものは「オープンデザイン」であり「学術的オープンソース」が必要で、みんなでチェックする方がよほど安全だと言えるのです。
関連する問題として、「ブラウザのダウンロードフォルダに実行可能形式のファイルを放置していると危ない」といいます。誰がどのように実行するのでしょうか。DLLにしてもそうです。このような特殊な実行ですら「不許可設定」や「インフォームド・コンセント手順」が用意されていないのです。通常のプログラマはダウンロードファイルのプログラムを実行したり利用したりなどしません。通常では有り得ないパターンをデフォルトで放置している設計思想自体に問題があるということです。

 


(関連ページ)

「電磁波の見える化と電磁波規制法の整備が大事です。#電磁波 #見える化
<a href="http://victim084.seesaa.net/article/victim084_20180109.html" target="_blank">http://victim084.seesaa.net/article/victim084_20180109.html
<a href="http://victim084.hatenablog.com/entry/2018/01/09/010706" target="_blank">http://victim084.hatenablog.com/entry/2018/01/09/010706

IOTのセキュリティについての報道がありました。大嘘です。
<a href="http://victim084.seesaa.net/article/victim084_20171129.html" target="_blank">http://victim084.seesaa.net/article/victim084_20171129.html
<a href="http://victim084.hatenablog.com/entry/2018/01/05/033947" target="_blank">http://victim084.hatenablog.com/entry/2018/01/05/033947
#ウイルス #セキュリティ #マッチポンプ

ウイルスのマッチポ○プについて語ります。
<a href="http://victim084.seesaa.net/article/victim084_2017062501.html" target="_blank">http://victim084.seesaa.net/article/victim084_2017062501.html
<a href="http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/10/09/132653" target="_blank">http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/10/09/132653
#創価 #公明 #ウイルス #セキュリティ #偽装社会 #独裁国家 #監視社会

 

 

 

<追伸。>
==============================================================================================================================================================================================================================

(20180506)
この文章はもしものときに思い出してください。というだけのものです。
あくまで、何かが起こったときには思い出してくださいといった保険に過ぎません。
覚えて置いて貰うだけで、何もない間は、取り立てて取扱いは必要ありません。
念のための対策です。
現在、あらゆる仄めかしで創価sgiから「命を狙われる」脅迫を受けています。
私には、騒いで保険をかけることしかできませんので、これから可能な限りの説明をしていきます。
広島県福山市 平こうじ(これに近い名前です。)2018年現在45歳です。
もし私の全ての活動が停止したり、明らかにキチガイの内容に変わったら、ここの内容を思い出してください。
被害者が突然に意味不明の内容になるケースも見ちますが、私には有り得ません。
朝木市議の様なケースもありますので、始めに言っておきますが、私は「直筆の遺書」なしには自殺などしません。
現在自殺などは全く考えていません。これらは有り得ないことです。
広島県福山市で、上記に似た人物の事件事故など、何かあった場合は、朝木市議と同じです。

大事なことを言います。「証拠になる素材、データはリンクではなく直接保存して」ください。いかなるものでもリンクが切れたら消えてしまいます。昔の事件などを調べているとよく経験します。これでは真実が闇に葬り去られてしまいます。
今は気付かなくても将来気付くかもしれない被害者予備軍の方が、未来で活動を始めるかもしれません。そのときにリンクだけの情報は得てして無くなっています。
どうか未来の子供たちのためにも証拠類は直接保存してください。写真、画像、動画、音声、新聞や雑誌の記事部分、個人アップの証拠など。全てダウンロードやスクリーンショット、動画キャプなどをして手元に保存してください。
今使う必要がなくても将来必要になることがあるかもしれません。DVDやブルーレイなどに焼くと1枚程度で済むでしょう。神棚や創価以外の仏壇などの引出しの一番下に置いて置くだけです。
将来、未来の被害者があれを探していると見掛けたら、匿名でも提供できる日が来るかもしれません。
とにかく、私の全てのデータだけでも保存しておいてください。お願いします。そして、もしものときは使ってください。下記(この文は一部転載されることがあります)は念のための周知文ですので、覚えて置いて貰うだけで結構なものです。しかし、記憶は人々の頭の中に残ったとしても、素材などは保存しておいてもらわないと消えることがあるからです。
拡散希望です。出来るなら英字を付けるなどして世界への拡散をお願いします。何が起こっても、創価と戦っていた男がいたことを覚えて置いて下さい。

集団ストーカーという国民監視と社会的ないじめで私の人生を理不尽に潰したことを公式に認めて謝罪してください。もう我慢はしません。#集団ストーカー #集スト #カルト #いじめ #国民監視 #奴隷化 #帝国独裁 #盗撮 #盗聴 #非合法 #憲法違反 #人権無視 #国家暴走

1,現在、あらゆる仄めかしで創価sgiから「命を狙われる」脅迫を受けています。このことはリアル、ネット、メディアを問わず同じ内容ですので、彼らの仕業だと断定しています。このことだけは強調しておきます。理由は私の文章に全て目を通して考えてください。
2、広島県福山市 平こうじ(これに近い名前です。)2018年現在45歳です。念のために記述しておきます。創価関連の配信者などに暗殺脅迫を受けています。victim084平こうじ
3,私には騒いで保険をかけることしかできませんので、これから可能な限りの説明をしていきます。まずは村木厚子事件や島根女子大生虐殺事件などの説明をPDF画像にしました。ブログにあります。拡散希望。#村木厚子 #島根女子大生 #冤罪 #カルト
4,念のために最近の仄めかしを書いて起きます。一般の方には関係ありません。犯人側との記録です。「合流」「参加」「家」「突撃」など。広島県福山市平こうじ45です。この地域での類似の事件があり、私の活動が急に無くなったりすると「創価」関連だと思っておいてください。最近では「放火」などのメディアの仄めかし脅迫があります。仄めかし脅迫のサンプルはブログにあります。日本の火災の第一原因は放火です。創価メディアは真実を伝えずに「日本は平和」だと嘘ばかり国民に伝えます。創価の犯罪を報道しないことからもメディアの金銭体質や犯罪体質が理解できると思います。偏向歪曲捏造どころではないです。

広島県福山市 HK 苗字はかなり特殊で「平」が入ります。全国で数百人程度で聞いたこともないような苗字です。名前は「こうじ」。2018年現在で45歳です。何の理由もなく突然に告知活動を止めることはありません。私はもし万が一自殺することがあったとしても「直筆の遺書」もなく自殺することは有り得ません。現状で自殺することは有り得ません。

日本に巣食う裏中道は右左のフリをして工作します。

日本に巣食う裏中道は右左のフリをして工作します。気を付けてください。
最近私のところにも右左のエセが攻撃してきます。
これはハッキリと言えますが偽物です。日本では偽物の右左が暗躍して世間を騒がせていますが、裏中道のやり方とぴったりと一致します。
裏中道とは私のような中道とは真逆で国民を犠牲にすることで金儲けをする人たちです。
私は学会お抱えの公明党の政策をほぼ論理的に打破していますが、例えば、新聞利権やワクチン利権、無償化利権、国有地搾取利権などです。
全部、国民を犠牲にして金儲けをする構図です。
私は問題点を追求するだけでなく、殆どに対案をきっちりと示しています。
どうでしょうか。中道論理派の意見の方が遥かに国民のためになりまだマシなのです。
何事も相対的に観察して、まだマシだと思える方を考える必要があります。この宇宙には絶対は存在しません。
そして、オウム乗っ取り事件やパナウエーブ、湯川遥菜事件、森友事件でもエセ右左の存在と嘘が見えて来ます。
これらは一致して創価学会が見えてきますが、この事件ではあるときは右であるときは左なのです。完全に矛盾しています。
詳しくはまた後日にしますが、日本ではニセの右左がゆさぶっています。創価の手口と同じだと言えます。より具体的に考えていかないと、国民が犠牲になるだけです。
本当の国民国家を考えてください。未来の子どもたちのため正義のためです。
何事も中道論理派が国民のためになることを考えます。創価公明は中道ではありません。
「右翼左翼 エセ」で検索して調べて見てください。
#右翼 #左翼 #エセ


世の中はそれほど簡単ではありません。
にもかかわらず彼らは右や左に巻き込もうとします。
搦め手で雁字搦めにしたり、泥沼に引き込んだり、相打ちさせたり、攻撃させたり、消耗させたりすることが彼らの戦略の一部であることが透けて見えてきます。
右翼左翼ともに本物は半分くらいはまともな意見ですので、それぞれの悪い部分だけを奪い取って利権にする裏中道的な人間は見極める必要があるでしょう。
あるときは右であるときは左で論理的整合性が取れないような、具体性もない根拠もない恣意的で感情論だけのものは気を付けるべきでしょう。
見極める目がまだ養われていない場合は、中道を志すことが無難だと言えます。
裏中道は、右や左の悪い部分だけ揺さぶって利権にしますので一番最悪だと思った方が良いです。
「右翼左翼 エセ」で検索して調べて見てください。
#右翼 #左翼 #エセ


エセ右翼とか左翼が蔓延るのは、真実を国民から隠す意図もあるのではないかと思えます。
結局はこういった形でゆさぶって煙に巻くのでしょう。
工作のパターンが見え隠れしますので、内容が極端なものは警戒するべきだと思います。その方が多くの国民にとって無難ではないかと思います。

 

 


各ブログ内の目次リンクページです。

http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/04/170509はてな
http://victim084.seesaa.net/article/victim084_links.htmlSeeSaa
http://victim084.jugem.jp/?day=20170528JUGEM
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/17627365.htmlライブドア
http://ameblo.jp/victim084/entry-12278295700.html(アメーバ)

 

<追伸。>
==============================================================================================================================================================================================================================

(20180506)
この文章はもしものときに思い出してください。というだけのものです。
あくまで、何かが起こったときには思い出してくださいといった保険に過ぎません。
覚えて置いて貰うだけで、何もない間は、取り立てて取扱いは必要ありません。
念のための対策です。
現在、あらゆる仄めかしで創価sgiから「命を狙われる」脅迫を受けています。
私には、騒いで保険をかけることしかできませんので、これから可能な限りの説明をしていきます。
広島県福山市 平こうじ(これに近い名前です。)2018年現在45歳です。
もし私の全ての活動が停止したり、明らかにキチガイの内容に変わったら、ここの内容を思い出してください。
被害者が突然に意味不明の内容になるケースも見ちますが、私には有り得ません。
朝木市議の様なケースもありますので、始めに言っておきますが、私は「直筆の遺書」なしには自殺などしません。
現在自殺などは全く考えていません。これらは有り得ないことです。
広島県福山市で、上記に似た人物の事件事故など、何かあった場合は、朝木市議と同じです。

大事なことを言います。「証拠になる素材、データはリンクではなく直接保存して」ください。いかなるものでもリンクが切れたら消えてしまいます。昔の事件などを調べているとよく経験します。これでは真実が闇に葬り去られてしまいます。
今は気付かなくても将来気付くかもしれない被害者予備軍の方が、未来で活動を始めるかもしれません。そのときにリンクだけの情報は得てして無くなっています。
どうか未来の子供たちのためにも証拠類は直接保存してください。写真、画像、動画、音声、新聞や雑誌の記事部分、個人アップの証拠など。全てダウンロードやスクリーンショット、動画キャプなどをして手元に保存してください。
今使う必要がなくても将来必要になることがあるかもしれません。DVDやブルーレイなどに焼くと1枚程度で済むでしょう。神棚や創価以外の仏壇などの引出しの一番下に置いて置くだけです。
将来、未来の被害者があれを探していると見掛けたら、匿名でも提供できる日が来るかもしれません。
とにかく、私の全てのデータだけでも保存しておいてください。お願いします。そして、もしものときは使ってください。下記(この文は一部転載されることがあります)は念のための周知文ですので、覚えて置いて貰うだけで結構なものです。しかし、記憶は人々の頭の中に残ったとしても、素材などは保存しておいてもらわないと消えることがあるからです。
拡散希望です。出来るなら英字を付けるなどして世界への拡散をお願いします。何が起こっても、創価と戦っていた男がいたことを覚えて置いて下さい。

集団ストーカーという国民監視と社会的ないじめで私の人生を理不尽に潰したことを公式に認めて謝罪してください。もう我慢はしません。#集団ストーカー #集スト #カルト #いじめ #国民監視 #奴隷化 #帝国独裁 #盗撮 #盗聴 #非合法 #憲法違反 #人権無視 #国家暴走

1,現在、あらゆる仄めかしで創価sgiから「命を狙われる」脅迫を受けています。このことはリアル、ネット、メディアを問わず同じ内容ですので、彼らの仕業だと断定しています。このことだけは強調しておきます。理由は私の文章に全て目を通して考えてください。
2、広島県福山市 平こうじ(これに近い名前です。)2018年現在45歳です。念のために記述しておきます。創価関連の配信者などに暗殺脅迫を受けています。victim084平こうじ
3,私には騒いで保険をかけることしかできませんので、これから可能な限りの説明をしていきます。まずは村木厚子事件や島根女子大生虐殺事件などの説明をPDF画像にしました。ブログにあります。拡散希望。#村木厚子 #島根女子大生 #冤罪 #カルト
4,念のために最近の仄めかしを書いて起きます。一般の方には関係ありません。犯人側との記録です。「合流」「参加」「家」「突撃」など。広島県福山市平こうじ45です。この地域での類似の事件があり、私の活動が急に無くなったりすると「創価」関連だと思っておいてください。最近では「放火」などのメディアの仄めかし脅迫があります。仄めかし脅迫のサンプルはブログにあります。日本の火災の第一原因は放火です。創価メディアは真実を伝えずに「日本は平和」だと嘘ばかり国民に伝えます。創価の犯罪を報道しないことからもメディアの金銭体質や犯罪体質が理解できると思います。偏向歪曲捏造どころではないです。

最低限の自己防衛について。

(20180705追加)
被害者の方は彼らの戦略を知る必要があり、対策を講じて最低限の自己防衛をする知識も必要だと思います。下記はその一部です。(自己防衛考察シリーズ)
これから、これらに関する情報も提供していこうかと思っています。
はっきりといいます。この国では知識がないと確実に負け組です。騙された方が負けの世の中になりつつあるようです。奴隷か被害者にしかなりません。若い内は労働力になるのでチヤホヤしますが、35歳を過ぎると多くは気づきます。そして65定年で多くは姥捨て山の扱いになることが多いようです。
家鍵の規格化についての提言。フライング。
日本の家鍵は、単純な上下のギザギザで判定し、シリンダが回る方式だと思います。これは組織的には簡単に開けることが可能で、鍵としての機能は有名無実となっています。この側面のギザギザの鍵は、その部分を写真を撮るだけで簡単に複製可能です。また、シリアル番号がついており、ビックデータなどのコンピュータ管理社会においては、番号が分かれば登録された規格図が呼び出せ、複製などは簡単にできる可能性がとても高いです。偽装社会であればなおさら簡単なことです。
私も経験がありますが、本当の被害者は留守中に家の中を荒らされたケースが多く見られます。不審死された元芸能人の清水由貴子さんも肉声で語っておられました。友達の家を訪れたナースが一人寝ているときに刺殺された事件。この事件では遠く離れた階の人間が何故か鍵を開けて侵入できたといったヤラセ事件でした。当時私に関する仄めかしが複数入っていましたのでいつもの捏造事件とは知っていました。
このように、特に日本の家屋では、「内鍵」や「チェーン」でもしっかり掛かってなければ、もう密室とは言えない時代になっています。
ですので、家には、別に内鍵やチェーンを付けるようにした方が良いと言えます。勝手口などもそうです。外から鍵で開けられる部分のセキュリティは、それだけでは危険と言えます。
鍵屋でも壊さなければならない鍵は大丈夫なのではないかと思いますが、偽装社会では安心できません。電子ロック式などは、ウイルスのページで書いた通り、安心できる材料には成り得ません。プログラム上の裏コードがあったり、電磁波で自分から鍵コードを飛ばす、または電磁波漏洩で読み取られる危険があります。
そこで私は、自作用に規格化(端子構造や信号規格や動かす手順など)し統一して一般化することで、知識のある人間は、電磁ロック部分を動かすシステムを自作できるようにした方が安全ではないかと思います。もちろん、プロが設計した標準のものも、この規格の上で実装できるようにします。選択肢を広げて多様性を出すことが肝心かと思えるからです。プログラムと同じでブラックボックスや一部専門家だけに任せきることが危険であることは理解できると思います。あとは、個人の選択次第です。選択性が大事です。
電磁ロック部分の基本機能は分解チェックできるほどに単純化して、この制御方法も一番簡単なものにして規格化することが必要だと思います。
電子ロックの制御の部分は、汎用の組み込み機器で、この規格をコントロールできるようにすれば、電子工作の知識程度で誰でも作ることができます。
このシステムの暗号化などのプログラムは、学術的オープンソースにして公開できるようにし、そのプログラムを元に誰でも改良したものが使用できます。様々なアイデアを元に自分なりにもっと複雑に発展させることも可能です。
ドアに内蔵されたメンテナンスゾーンは内側からネジで外せるようにします。この中に非常用の蓄電器バッテリーを内蔵します。これで停電時も問題なく動作します。ドアに家庭内電源が通るように家の設計をする必要があります。
このメンテナンスゾーンに、自作の基盤などが入るようにします。表側も金属プレート式で取り替えるようにします。金属プレートは、サイズは共通で、構成やレイアウトなどは自由な種類を作れるようにし、ATX筐体のように使用部品の構成や多数のレイアウトが可能になるようにします。自分専用のプレートも作ろうと思えば作れます。
これで、暗証番号式だろうと、網膜パターンだろうと、指紋認識だろうと、掌模様血管認証だろうと、音声認識だろうと、顔認識だろうと、カード式だろうと、USB式だろうと、タッチパネル式ゲーム認証だろうと、自由に複数のシステムを併用させることができます。
追加。電磁ロック部分には一番簡単な光センサによる施錠解錠やロックの移動が分かるようにし、ロックが回ると携帯に知らせるシステムや、非常ベルが鳴るシステム、ログを記録できるようにした方が良いです。

 


(自己防衛考察シリーズ)
放火や盗撮盗聴(電磁波が通りにくいです)の観点から言っても、家は鉄筋コンクリートの方が有効です。また地震大国なので、地震耐性から言っても有効です。
サーモグラフィが安価になって来ています。もっと安く精度を上げて普及させるべきです。
原発事故のときにも言いましたが、その時期に流行った三千円台の線量カウンターは意味がありませんでした。一万円以上のものは概ね同じような数値でしたが、この安ものは殆どカウントせずに低い数値だけを示しました。
このような粗悪品では意味がありませんが、何事も見える化が一番安心に繋がるということは良く分かると思います。ブラックボックスや一部専門家まかせが一番危ないということです。創価帝国に向かって偽装社会になりつつある日本では尚更でしょう。ウイルス問題もそのような感じでした。
前置きが長くなりましたが、温暖化が叫ばれる時代なので、冷房などの冷気の漏れがないかをしっかりと確認することも、かなりの効率に繋がります。意味不明の異常な発熱がある場所は危険なために調べる必要もあります。こういった地道な努力が地球平和に繋がるのではないでしょうか。


現在の冷蔵庫の冷媒はR600という名称で実態はブタンです。ブタンは携帯コンロ用のガスボンベの中身と同じです。つまり強可燃性です。これが携帯ボンベ一本分ほど入っています。ブタンは発火温度が高いから大丈夫と意味不明の説明がありますが、漏れて空気と混ざると普通に発火します。圧縮機内部は高圧高温ですし、電気のスパークほどで引火します。でなければ携帯用コンロは普通に燃えませんし爆発もしませんから問題にはならなかったでしょう。対策としては、他の冷媒のものを探すか、冷蔵庫の周囲の壁や床と天上などを風呂場のようなタイル製やアルミ製にしておく必要があります。鉄筋コンクリートでは問題ありません。クーラーは室外機に多くのガスがありますが、室内機にも銅管を通って流れてきますので、その周囲を石膏や金属製にすると安心です。これも鉄筋コンクリートだと問題ありません。またカーテンなどが掛からない位置が大事です。


漏電対策について。特に電気温水器。

最近の話。リンクのためのページ。

「5ch」と「創価公明」で検索してみてください。
主なスレッド一覧には変な絵文字のスレッドが乱立することがあります。
もし仮に一般人だとしたら何のためでしょうか。
必死になって火消ししている人たちが居るということです。
たぶんここです。

http://egg.5ch.net/koumei/


また、下記でも兆候が現れています。
何も具体的な話しができない創価のネット対策部隊の人間が火消しに必死になっています。
http://bakusai.com/thr_res/ctgid=119/acode=3/bid=1006/tid=6361381/tp=1/ud=1/ (新)
http://bakusai.com/thr_res/acode=2/ctgid=119/bid=1006/tid=5689853/ (旧)
#創価 #公明 #集団ストーカー

日本が解体されつつあります
http://victim084.seesaa.net/article/459973664.html http://victim084.hatenablog.com/entry/2018/06/13/192610 http://victim084.blog.fc2.com/blog-entry-31.html
集団ストーカー被害者@広島県福山市(Victim084平こうじ)

具体的な話しを読んでから考えてみてください。
http://victim084.seesaa.net/article/victim084_links.html (SeeSaa
http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/04/170509 (はてな
#創価 #公明 #集団ストーカー

日本が解体されつつあります。真実を見てよく調べてみてください。
http://victim084.seesaa.net/article/459973664.html
http://victim084.hatenablog.com/entry/2018/06/13/192610
#創価 #公明 #日本解体 #偽装社会

偽物の宗教を放置すると無敵化して、国民が奴隷になる可能性が露呈しています。
すべてを知って良く考えてください。
ネット対策部隊の中身のない茶番も多いです。
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/koumei/1513947719/
パナマ文書創価学会の名前が Part.2
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/koumei/1493614174/l50
#創価 #公明 #パナマ文章