共謀罪について3。

共謀罪ですが、これはこれで終わったわけではないです。人権プライバシーに関してはこれからが始まりだと思います。私は「盗聴法案」の方が問題だと思っていましたが、なぜ関係のない内容で国民を騙してまで急いで法案を通すことになったのか、そのプロセスと内容について引き続き検証していかなければならない問題です。これらの「自由人権プライバシー」に関わる問題は生涯国民とは切り離せないものなので永久的な議論が必要ですし、これらの具体的な運用については監視していくことが大事です。明らかに現行のものはオカシイな構造になっていますので、国民は見守り続ける必要があります。議論の場で説明されたような運用ではない場合。もし冤罪などが生まれた場合は、国民が一丸となって糾弾するべき問題です。テロとは関係のない事例が入った場合は要注意ですので、警戒してください。またなぜ国会議員などの組織犯罪が入らないのか。あれだけ力説して国民には負担と重圧を強いることをしておきながら、自分たちは蚊帳の外です。普通は国民を納得させるならまずは自らが常識です。これらは説明責任と追加要求が必要です。引き続き議論するべきです。この抽象的な状態の法案だと、将来的に不当な人権侵害があるかも知れませんので、国民は認識を深く高めて一時の出来事にしないことです。ちなみに、私はこの法案の前から不当な盗撮盗聴などで完全に人j件プライバシーを受けています。自らテロを助長して犯罪を行っている某宗教組織が対象にならないどころが、彼らが運用しているからこの国はおかしくなっています。私はフランス・ベルギーのテロの真実を知っていますが、別ページの「湯川はるな事件」や「台湾地震」などの情報をよく理解してください。
#共謀罪 #テロ等準備罪

 

 

フライングします。(20170616)

国民が奴隷化された搾取社会では本質は語られません。次々と奴隷化法案が作り出されて恐怖政治に突き進むでしょう。昨今の流れはどうみてもその兆候が現れています。この流れは必ず物言えない社会に進行します。結局は国民が危機感を持たないと一部権力者体制側の策にハマり易いと言えるのではないでしょうか。現在のこの国で言うと、世界からカルトセクト指定されている犯罪組織的宗教団体が政権与党に入っているからです。これもメディアなどは事実を殆ど扱わないで誤魔化しています。何故、このような国民にとって大事な話はしないのでしょうか。

そしてこれらの一連の流れは、その大多数が創価公明の以降であることが見て取れます。邪魔な人間を監視し貶めるために悪用する目的で、「防犯ネット」「地域連携」をゴリ押しして作成したのも創価公明。それらは「集団的ストーカー現象」として現れています。私はその酷い部類の被害者です。今回の「共謀罪・テロ等準備罪」として議論も適当に作られた「人権プライバシー」を蹂躙して監視する目的になりうる法案を裁決した義著は「創価公明」です。全部同じ流れです。ではなぜ「朝木市議」「村木厚子」「鳥取女子大生惨殺」「湯川はるな」など彼ら地震がテロや組織犯罪を行っていますが、彼らは検挙されないのか。共謀罪・テロ等準備罪などは正に彼らのためにあるようなものです。本当の目的は国民を監視し奴隷化したいのが目的だからです。昨今の自民党はこの宗教団体にほぼ牛耳られている状況です。カルト票などを参考にしてください。彼ら犯罪組織が政権与党にいる間は決して国民のためになるような国づくりはしないでしょう。まず共謀罪・テロ等・破防法で彼らを裁いてください。

他のあまり伝えられない本質を書きます。
非正規雇用率と非正規奴隷法案、まず60まで雇ってくれません。ちやほやされるのは若い内だけです。体や頭はどんどん衰えていきます。大病でも患ったら目も当てられません。若い内は元気も活力もあり、また利用できるので持ち上げられますが、こうなってくるとアッサリと捨てられるのが現在の日本の状況です。「まあなんとかなるさ」はメディアが作り出した洗脳用語です。実際に35歳くらいが起点で「どうにもならない」に気付くでしょう。やるせない気持ちで惰性で奴隷として生きることになります。大多数の国民は、60歳がまた起点でもっと絶望を味合うことになるでしょう。
先進国中最下位クラスの低賃金率。では、メディアの嘘と数字マジックで景気が上向いたと聞きますが、大多数の国民はこれを払拭するほどの賃金上昇がありましたか。寧ろ非正規雇用の急増などで平均賃金は下がっているのではないかと思えます。これが海外の易い労働力などと言い出したらもっと下がることが予想されます。実体は、未曾有の震災と低迷が戻っただけと、2020年のオリンピック投資で少し上向いただけ。1%の一部大企業の話だけ。殆どは架空経済の話で実体経済ではないです。なので2019年終わりくらいから動きがあるかと思いますが、2020年を超えると問題は更に顕著化してくるでしょう。
20代30代の預貯金0率。非正規雇用と預貯金0国民が増えている現状で、少子化が止められないことは分かりきったことです。待機児童は少しは関わっていますが、都市圏だけの問題で、本質的な問題解決には成り得ません。年金空白の10年など将来的な不安だらけのこの国で、誰が結婚できますか。更に子供まで持つことは不可能に近いでしょう。
年金70歳支給問題と空白の10年
年金では真っ当な生活ができないという事実
更に、これは予定通りにはイカないと思いますが、2025年までに消費税を19%にする案まで彼らは考えています。
この状況でも、既存メディアは本質を伝えないどころか、ゴミばかりになる下らないブームを波のように無理からに作り出して、国民から将来設計の気持ちと資金を奪い続けています。これは「ゴミ問題」や「アフリカの女性が言われたもったいない精神」とも反する行為です。彼らのやっていることは矛盾だらけです。
ただ既存メディアにも20%以下のまだ真っ当な人たちがいます。彼らを本当に開放させて国民の手に取り戻すにも創価公明の呪縛を解かなくてはならないでしょう。現在では国民のためにならない存在になっていますので、応援はしませんが、国民は彼らの呪縛を解くことも考えなくてはなりません。

自分たちがテロのマッチポンプで利権にしている創価公明のような犯罪組織が入り込んでいる現在の政権与党では国民は救えない。むしろ、国民を監視して奴隷化しようと目論む自体に陥るということです。何事もネット対策部隊の感情論だけで民意を揺さぶろうとする人たちより、具体的で論理的な話が大事だということです。既にネットでの言論妨害、統制が始まっていることは証拠として挙げています。感情的抽象論やキチガイの話は妨害されないのに、具体的で論理的は話は妨害されます。まずこの危機的な状況を理解するべきです。ネットの透明性と健全性は、洗脳機関として成り下がった既存メディアの現状を考えるととても大事なことだと分かります。

もしこの内容が共謀罪に関わった場合は、それは戦前の憲兵と同じですから、国民は奴隷化社会についてよく理解して考えていく必要があります。まずテロ等の「等」が法律としては体を成していないことをよく考えてください。法律は「さじ加減」で決まるような恣意的なものに成やすいような抽象的なものにしては駄目だという前例となります。
あと蛇足ですが、議会制民主主義と党議拘束は矛盾している概念ですので、きちんと議論してください。このような概念は民主主義とは違います。各議員はそれぞれの地域の国民に託された意志を議会で託されつことです。議会で深い議論を戦わせてそれぞれの議員の意志(国民に託された)を尊重して多数決をしなくてはなりません。それぞれの課題でそれぞれの意見が違うのは当たり前なのですから。だから、議会でのそれぞれの議員の意見が拘束されることを強いることは議会制民主主義の根柢を否定することです。国民は理解する必要があります。

そしてこれらの一連の流れは、その大多数が創価公明の以降であることが見て取れます。邪魔な人間を監視し貶めるために悪用する目的で、「防犯ネット」「地域連携」をゴリ押しして作成したのも創価公明。それらは「集団的ストーカー現象」として現れています。私はその酷い部類の被害者です。今回の「共謀罪・テロ等準備罪」として議論も適当に作られた「人権プライバシー」を蹂躙して監視する目的になりうる法案を裁決した義著は「創価公明」です。全部同じ流れです。ではなぜ「朝木市議」「村木厚子」「鳥取女子大生惨殺」「湯川はるな」など彼ら地震がテロや組織犯罪を行っていますが、彼らは検挙されないのか。共謀罪・テロ等準備罪などは正に彼らのためにあるようなものです。本当の目的は国民を監視し奴隷化したいのが目的だからです。昨今の自民党はこの宗教団体にほぼ牛耳られている状況です。カルト票などを参考にしてください。彼ら犯罪組織が政権与党にいる間は決して国民のためになるような国づくりはしないでしょう。まず共謀罪・テロ等・破防法で彼らを裁いてください。

創価公明が99%対1%の構図であり、国民の奴隷化社会を目論でいる状況が見て取れますので、既存メディアや言論の自由の観点からも総合的に考えて国民一人ひとりがそれぞれ自分の出来る行動を取る必要があります。行動とは運動に参加することが全てではありません。彼らの資金源になるものに近づかない、彼らの力になることに参加しない。これだけでも国民としての大きな力になります。国の危機に際しては国民の気付きと見えない努力が必要なのではないでしょうか。そして、現在創価学会に入っている信者の方たちに聞きたいです。これが、牧口先生や戸田先生のおっしゃった内容ですか。現在の創価学会創価学会の本質など微塵も考えていません。国民も信者のこともなにも考えていないのが実情です。それぞれがよく考えてください。

#共謀罪 #テロ等準備罪 #創価 #公明

 

共謀罪、テロ等準備罪について2

(20170614_2)すみません、長いですが追加です。
日本は、「民主主義」で「議論する社会」です。この大前提となるものを、下記に当たり前のことですが、少し述べさせて貰います。
民主主義とは、全ての国民が、議論に関する可能な限り全てを知り(全てを伝え)、それをもとに国民全体で深い議論をする。その議論は、より国民のためになることに近づく(収束、合意形成)ための話し合いを続けていく努力をすることを言います。
民主主義国家の一員である限り、「自分の国のことに興味と関心を持ち」、「それに対して(自分の頭で考えて)議論に参加することは、国民それぞれの義務であり責任であり、権利だというのが大前提です。
つまり、ネットでよく工作員が使う言葉に、「貴方は間違っているから参加しないで」とか「何もしゃべらないで」といった言葉は、それ自体が民主主義を理解していませんし、民主主義に則さない発言だと言えます。
また議論とは、そこに参加している人間には最初からの属性は存在しません。最初からどちらの意見が「正しい」とか「悪い」とかは決まっていません。もしそれが分かるのなら最初から議論する必要はないでしょう。議論とは、その中で全ての人間が議論して、全体を通してより「正しいもの」に収束していく行為です。
ですので、その議論の中で「自分が説明できないかったり」「自分が説得できなかったり」しても、誰も相手のことを「相手が悪い」とか「相手が反対分子だ」だとは言えないのです。
自分が説得できないからと言って、相手を勝手に「悪者」扱いするような人はそもそも議論というものを理解していませんし、その発言自体が稚拙で幼稚なものなので、このような発言をする人の方が議論する資格がないと言えます。
この議論における根本的な規則を分かっていないネット工作員が多く見て取れますので、国民は「抽象的な感情論」ばかりに囚われずに、論理的で具体的な物の見方で考えていく必要があります。まず「抽象的で感情論」に囚われ易い方は詐欺などに騙されやすい体質傾向にあると思います。
また多数決についてですが、都合の良いときだけ「多数決だから」とか言う工作員がも多く目にしますが、多数決とは「参加する全ての人(国民全体)に全ての情報を提供し」「それを元に、全ての国民が深い議論をして合意形成を図る」ことです。その上で多数決を取ることを意味します。
つまり、一方的な偏った情報しか与えないで、深い議論も成されずに、裏でコソコソと国民を騙すような方法論を使ってまで、無理からに大事な法案を通すことは、「合意形成を元に行った多数決」とは言えません。ここを大きく履き違えている人たちも多いので、頭に入れておく必要があります。
議会制民主主義でいうと、投票率が低いことは「大多数の合意形成」とは言えないとも言えるでしょう。個人的には77%以上は必要ではないかと考えます。本来は95%以上が望ましいです。私は、「投票率が77%以上なければ無効か延長にする」べきだと考えます。縛りとしては「77%になるまでは、命に関わるもの以外の行政をストップする」ことぐらいはやるべきだと思います。本当の民主主義とはそれほどに国民の理解と参加が大事だと言えます。
国民はこれらのことをよく理解した上で、深く考える必要性があるのではないでしょうか。
#民主主義 #議論 #多数決 #共謀罪 #テロ等準備罪

 

 

では、抽象的で感情論だけを捉えて考えるとどうなるかを話ます。
現在議論の真っ只中にある「共謀罪」「テロ等準備罪」についてですが、これは明らかに、下記と同じような抽象的で感情論を揺さぶるだけのギミックが見て取れます。これらのキーワードが同じように利用されていることを知ってください。
「未来の子どもたちが」
「アフリカの子どもたちが」
「障害を持った子どもたちが」
「テロで殺される子供たちが」
これらは国民を騙す組織団体がよく使う常套手段だということです。これをよく理解して考えないと本当の民主主義はなし得ず、感情論だけの嘘偽りに流されて国を滅ぼす結果にも成り得るということです。
このようなことは誰でも考えることで、これを言われたら反論できないことです。しかし、それとそれに続く後者の話は全く別のことであることが多いことにも気付かされます。全くの論理のすり替えで、関係の無いものを恰も関係あるかのように装い、それに反論すると酷い人間であるようなマジックを使います。実際は思ってもいない綺麗事を国民に刷り込んで、自分たちの都合の良い話に置き換えて利用しているだけです。
では、前者2つの事例について説明します。これを理解すると現在の「共謀論」で使われるギミックも自ずと理解できるでしょう。このような人の心を利用して実際は関係のない議論にする。これは「アフリカの子どもたち」や「未来の子供たち」に対する冒頭であり、一番人間としてやってはいけない卑劣な行為に順することです。可哀想な人たちを利用して利権にするなどは、本当に言語道断です。

「未来の子どもたちが」
この言葉は消費税を上げる前に、散々とメディアで報道されていた内容ですので、記憶に新しいと思います。彼らは、「未来の子どもたちに借金の付けを回さない」「未来の子どもたちのために消費税を上げる必要がある」と強く豪語していました。
さて、消費税が様々な問題を抱えて施行された現在はどうでしょうか。消費税が上がった後に「未来の子どもたちが」と叫んでいるメディアは殆どありません。「借金を減らせ」とかを豪語するメディアは皆無といっても良いのではないでしょうか。実際に減税でも日本の借金は減ることなく増え続けています。何が違うのでしょうか。
「未来の子どもたちが」と綺麗事を利用すれば国民が騙されるということだったからです。実際には何も考えていません。あればあるだけ使います。

「アフリカの子どもたちが」
これは日本ユニセフの話です。国連ユニセフとは別の存在であることを知ってください。国民の善意ある行為を利用した偽善団体といっても過言ではない状況です。日本ユニセフの講座に振り込むと自動的に四分の一が搾取されて、その分が子どもたちに届きません。例えば200億集まると、自動的に50億が彼らの懐に入ります。なので振込先は国連ユニセフのものを使用してください。お願いします。
本来は、慈善団体であり公共の福祉団体であると定義される組織団体は税金を免除されています。感情の籠もらない無味乾燥のDMを「商業的」に送りつけて募金が入っても、その四分の一に税金は掛かりません。「商業的」に送りつけて募金が集まれば集まるほど自動的に儲かる仕組みです。
まず、慈善公共の福祉団体がある団体組織とはどういったものでしょうか。またどうやってそれが認識されるのでしょうか。これは、常識的に考えると「我々はおランティアで活動していますが、どうしてもこうこうこれだけの費用が必要です」「これだけの費用をここに使いましたから決算をお願いします」とこれが慈善団体の努めだと思います。この日本ユニセフは会計に対してほぼブラックボックスだそうです。まず寄付金に比例した経費は発生しないのが普通です。
日本における活動拠点として、「国連ユニセフ」と「日本ユニセフ」は東京に別々の建物として存在しています。更に日本ユニセフは社員が30名程度と公表していますが、東京の一等地に、30億近くのビルを建造しています。これが寄付金から作られています。役員名簿の面々と役員報酬についての問題など多々ありますが、別ページを参照してください。
明らかに不自然な団体が、「アフリカの子どもたちが」という名目で活動している実体があります。

「テロで殺される子供たちが」
今回の「テロ等準備罪」に使用されているスローガンです。上記と同じニオイを感じる人も多いのではないでしょうか。実際に私はこの法案について調べだしたのは数日前ですが、やはり同じパターンでした。
277の法案の内容は、半分以上が「既存の法律を改定すればできる」こと。残りの殆どが「テロとは関係のない内容」でした。そして、最初の原案には「テロ」は入っていなかったそうです。そして、実施されると「テロ等準備罪」の名前は付かない別の名前になるそうです。
何故このようなことが起こるのでしょうか。上記と同じくただ単に無理からな法案を通したいためでしょう。何か後ろめたいことがあるから真っ当な議論をどうどうと行い国民の合意形成を図ることを避けるように急いでいるとしか思えません。
他のページにその他の不自然な根拠が書いてありますが、なぜネットの工作員たちは具体的な内容には殆ど触れずに「この法案を批判する人間はテロリストですか」とか「怖いのですか」と抽象的なことばかりを強調するのでしょうか。彼らは一般市民を装ったネット対策要員だからでしょう。
私は、「テロ」と同じほどの大きな意味のある「自由人権プライバシー」については議論をしようとしない彼らが一番怖いです。「戦前の憲兵」や「冤罪」が一番怖いことだと思っています。寧ろ、彼らがこの法案の全てを国民に知られるのが怖くて裏でコソコソと足早に進めようとしているようにしか見えません。海外では長い機関を掛けて慎重に議論されたそうです。これでもこの国の常識は世界に通用すると思いますか。国民一人ひとりが全てを知り考える必要があります。

 

共謀罪(テロ等準備罪)について。妨害のため急遽作成します。
http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/12/123149

 

 

各ブログ内の目次リンクページです。
http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/04/170509 (はてな
http://victim084.seesaa.net/article/victim084_links.html (SeeSaa
http://victim084.jugem.jp/?day=20170528JUGEM
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/17627365.htmlライブドア
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/17627365.html

このブログ内コンテンツのリンクページです。それと他のブログ内コンテンツの直リンク集。 : 集団ストーカー被害者@広島県福山市

(アメーバ)

一部OSとセキュリティソフトは、残念ながら日本では公式のスパイ機能があると考えざるを得ない状況にあります。

本日6月13日にもセキュリティソフトによる明らかな妨害がありましたので、急遽作成することとしました。

私は2011年に「集団的ストーカー現象」に巻き込まれていることに気付いてから特にウイルスソフトからの妨害を受けています。
現在の状況はウイルスソフト自体が公式のスパイソフトになっています。
私は明らかに「非合法な盗撮盗聴」によってプライバシーを理不尽に侵害されて、その情報を元に「故意の事件事故」などで仄めかし嫌がらせ行為を受け続けています。既に彼らの行っている行為には正義はありません。こういったことが平然と起こっている事実にも目を向けてください。
私の場合は「地上げか」何かの目的で、裏の不動産屋に票の代わりに追い落としを依頼されたものと考えます。この犯罪に気付くまではお花畑で、「創価」という宗教団体の存在すら知りませんでした。勿論、政治や世間のことにもあまり興味がなかった方です。つまり、誰でも邪魔だと思う人間は被害者になる可能性があります。
色々と様々なものを調べていくと某宗教団体が必ず出てきますが、こういった国民を奴隷化して搾取しようと目論む組織が着々と言論妨害などの管理体制を気付こうと暗躍していることに気付きませんか。
ウイルスソフトですが、「インストールしてから何年にもなる良く作業に使うソフトが急にウイルス感染で勝手に消去される」「よく使うホームページに接続できなくなる」「何か作業をしているとそのソフトが異常動作をしてPCがフリーズする」「ウイルスソフトの動作後にブルー画面で立ち上がらなくなり再インストールを予後なくされる」など様々な妨害を受けてきました。勿論、Windowsの場合はOS自体の問題の方が大きいことは後になって知りました。だから、OS根幹のカーネルオープンソースにするべきだと考えたのです。
ただ、ウイルスソフトでコアな問題があったのは日本純正のものが多かった経験があります。海外製品でも日本支社が単相するものは、それなりの妨害があります。これは会社に入り込んだ悪意ある人間によるオペレータ操作だと考えています。このように日本国内で広く入り込める組織はそう多くはないと思います。実際に不具合の多くが「某宗教団体」関連の作業をしているときにタイミング良く起こるので根幹は、長い間パターンを確認する中で統計確率上そこに間違いないと判断しています。

これから、過去の証拠をアップしていきますが、まず分かり易いところを下記に掲載します。よく考えてください。

 

 

f:id:victim084:20170613113428j:plain

f:id:victim084:20170613113442j:plain

 

1,明らかに偏光歪曲捏造のある既存メディアに誘導しようと画策しています。SEO対策は誰でもできる技術です。なぜウイルス関連だけが効果を発揮して上位に来ると限定していえるのでしょうか。これが意識誘導の最たるものです。また、ランキングは本来閲覧数が多いものが前提となっています。
2,この国ではランキングはプロ市民やネット対策部隊で操作されていますが、この前提だと問題があるウイルス関連のサイトは自然淘汰されます。これらのコジツケで言いたいことは事件事故は既存メディアだけ見ろということです。その一方で安全規格のセキュアHTML規格などは考えようともしません。
3,情報公開のための基本機能だけの安全性のある表示方式が必要です。これがウイルスソフトが一番問題を孕んでいるという根拠です。既存メディアが一部体制権力側の洗脳機関に成り下がっていることは故意の事件事故を見てもらえれば理解できます。私はウイルスソフトによる不具合をかなりの数、
4,見てきています。日本のソフトや日本支社があるところは大小様々ですが妨害があり証拠は一部アップしています。彼らのソフトがこのページは危険ですと言えば危険になり言論妨害に利用できることは理解しておいてください。ネットの透明性健全性が必要。#ウイルス #言論妨害 #事件 #事故

1,よく考えるとオカシナことを言っています。彼らは事件事故だけを目的としているようにしか思えない。なぜなら、メディアが扇動するブームに関する口コミも含む一般商品ページやアイドル芸能関連のネタページの方が遥かに閲覧数が多く狙われやすいからです。そちらは何故か起こり得ないらしいです。
2,彼らはそのことについては一切触れません。もっと論理的に考える習慣が必要です。彼らの言うことは殆どがご都合主義と嘘と欺瞞でできています。ご都合主義の危機感を煽るだけ煽って、その一方で安全なメソッドやタグのみのセキュアなHTML規格(上下互換)は策定しようともしません。
3,やろうと思えば直ぐにできることです。要らない機能を増やし続け簡単な方法を敢えて複雑にしている。彼らが故意に脆弱性を作っているのではないかと訝しく思うくらいです。年間数万とも言われる根幹に関わる脆弱性については具体的に発表されたことがありません。PCに詳しくなれば
4,理解できることですが、生命程の多様性はありません。次から次へと気づかなかったような突拍子もない根幹原理などは存在しないということです。敢えて作らない限りは。目的は故意に作られた事件事故を知れば分かります。説明してないものが2011年から数百あります。スパイは排他目的でもある。


メディアの全てを否定するものではありませんが、現在の既存メディアのほぼ完全に一部権力者体制側に懐柔されており、広告代理店独占状況問題も含めて、ほぼ洗脳機関に成り下がっている状況が見て取れます。本当に真っ当に国民のことを考えているのは2割以下ではないかと思えます。その僅かな人間も思い切った行動が取れずに雁字搦めにあるようです。とにかく現状では全く機能していないと言っても過言ではないでしょう。
分かり易いところに、消費税を挙げる前には「未来の子どもたちのために、借金を減らさないといけない」と豪語していたのに、消費税が上がった途端にそれを口にするメディアは殆どいないのではないですか。現在でも借金はまったく減っていない状況です。何が違うのでしょうか。よく考えて見てください。この洗脳機関と成り下がった既存メディアの方向へと、セキュリティソフトを運営する会社が意識誘導していることに矛盾を感じませんか。

 


#性善説 #平和ボケ #洗脳 #自殺 #いじめ #死刑 #無期懲役 #メディア #国民負担 #検死 #ウイルス
#TV #メディア #パクリ #詐欺 #事件 #事故 #偏向 #歪曲 #捏造 #洗脳 #報道 #お馬鹿ブーム #平和ボケ #犯罪 #被害者 #加害者 #カルト
#ウイルス #トロイ #スパイウエア #OS #バックドア #リモートアシスタンス #リモートデスクトップ #RPC #Security Center #RPCサーバー #ファイアウォール #サービス #ウイルス #トロイ #スパイウエア #OS #バックドア #リモートアシスタンス #リモートデスクトップ #ウイルス #OS #マルウエア #ワーム #ハッキング #情報漏えい #オペレーター #創価 #カルト #ウイルス対策ソフト #カルト #メディア #洗脳 #情報操作 #痴漢 #冤罪 #精神病 #ウイルス #スパイソフト #集団ストーカー #集スト #個人情報 #スクリーンショット #マルウエア #事件 #事故 #メディア #カルト #与党 #証拠 #ウイルス #諜報 #工作 #テロ #集団ストーカー #集スト #人口地震 #京都てんかん暴走‬ ‪#長野スキーバス‬ ‪#宮崎駅前暴走‬ ‪#大阪梅田事故‬ ‪#神戸三宮暴走‬ ‪#調布小型機墜落‬ ‪#大和君‬ 事件 ‪#win10‬ ‪#インストール‬ ‪#HDD‬ ‪#集スト‬ ‪#救急車‬ ‪#暴走族‬ ‪#新聞‬ ‪#カルト‬ 。‪#ウイルス‬ ‪#マッチポンプ‬ ‪#事件‬ ‪#事故‬ ‪#検索‬ ‪#ニュース‬ ‪#ネット詐欺‬ ‪#ネット‬ ‪#詐欺‬ ‪#カード‬ ‪#放送‬ ‪#メディア‬ ‪#表現の自由‬ #記者クラブ #メディア #CM #洗脳 #詐欺 #事件 #事故 #犯罪 #利権団体 #不正 #内部告発 #陰謀論 #磁場 #事件 #事故 #プロ市民 #憲法 #憲法改正 #改悪 #選挙 #国民投票 #民主主義 #投票 #立憲主義 #憲法 #選挙 #軽減税率 #憲法改正 #タックスヘイブン #パナマ文章 #メディア #新聞 #マイナンバー #預貯金 #事件 #事故 #日常品 #医薬品 #書籍 #生活保護 #外国人参政権 #国籍 #利権団体 #生活保護 #なまぽ #不正 #NHK #統合失調 #精神分裂 #冤罪 #痴漢 #認知症 #てんかん #二次使用 #動画 #投稿 #メディア #アップロード #公共電波 #事件 #事故 #ニュース #報道 #電波帯域 #言論の自由 #真相 #洗脳 #偏向 #歪曲 #ねつ造 #捏造 #犯罪 #投稿妨害‬ #脆弱 #乗っ取り #集団ストーカー #集スト #民主主義 #平和 #ネット透明性 #ネット健全性 #情報格差 #性善説 #平和ボケ #洗脳 #自殺 #いじめ #死刑 #無期懲役 #メディア #国民負担 #検死 #ウイルス #盗撮 #盗聴 #テンペスト #人口地震 #カルト #メディア #洗脳 #情報操作 #痴漢 #冤罪 #精神病 #ウイルス #スパイソフト #集団ストーカー #集スト #個人情報 #スクリーンショット #マルウエア #人口地震

これでも集団的ストーカー現象は無いのですか。本当の被害者は苦しんでいます。

よく考えて見てください。何故、「集団的ストーカー現象」の内容についてなどは、「キチガイ」っぽいコメントの人ばかりが投稿できて、私のようなまだ「具体的」な内容は妨害されるのでしょうか。もし本当に存在しないとするならば、何故過剰反応してもみ消そうと、彼らは一生懸命に頑張っているのでしょうか。実際に被害を受けて、それを訴える人たちが存在しているからです。私もこの犯罪に巻き込まれるまでは「お花畑」でしたが、日本には国民の多くが本当のことを知らされないまま騙されていることも多く存在しています。真実を知ればとても日本は「平和でまともで美しい国」とは言えないと思います。集団的ストーカー現象は、創価公明がごり押しして法整備した「防犯ネット」や「地域連携」を悪用して追廻、一部信者を使って嫌がらせをすると被害者の証言通りのことになります。だから彼らは必至で被害者の訴えを妨害します。「共謀罪」ですが、私が最近調べた内容では、間違いなく「盗撮盗聴」や「冤罪検挙」に悪用できるものです。私はすでに盗撮盗聴で被害を受けていますが、これが合法化されるということです。ネットでもその透明性と健全性が脅かされようとしています。何故下記のようなことが起こるのですか。これはホンの一部です。
https://vimeo.com/217316880 掲示板1
https://vimeo.com/217322056 掲示板2
https://vimeo.com/220196891 ブログ1
https://vimeo.com/220192574 FB
https://vimeo.com/221201404 共謀罪での妨害

ただし、会社ぐるみの場合もありますが、サイトがすべて創価とは限りません。オペレータ問題と同じで創価信者が様々な機関や会社などに入り込んで悪さをしているケースが多いと言えます。だから、コンプライアンスが大事なのです。黒い手帳日本占領計画は本当に進行しています。社員すべてがまっとうだと誰か保証できるでしょうか。巷には漏えい問題も多数存在しています。創価の携帯盗聴事件も裁かれています。これらはほとんどメディアも扱いませんし、表には出ないのです。

 

#共謀罪 #テロ等準備罪 #集団ストーカー #集スト

 

 

各ブログ内の目次リンクページです。
http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/04/170509 はてな
http://victim084.seesaa.net/article/victim084_links.html SeeSaa
http://victim084.jugem.jp/?day=20170528JUGEM
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/17627365.htmlライブドア
http://ameblo.jp/victim084/entry-12278295700.html (アメーバ)

震度6までの人口的な地震は証明されています。

これでも人工的な地震が存在しないのか。よく現実に起こったことを統計確率的に考えて判断してください。私は長い間仄めかしなどでタイミングの良い地震を経験しています。この件でハッキリと証明されましたが、私が確認して物理的に有り得ると考えるのは現在のところ震度6までのものです。現存するすべての地震が全て作られたものというわけではありませんが、一部では彼らが作り出したものもあるということです。実際にあると分かったときには私地震もショックを受けました。国民はこういった事実についても頭の片隅に置いておく必要があると思います。世の中には嘘情報も多いですが、真実もいくらかはあると思います。私は体験しているので実際にあることは分かっていますが、何事も具体的で論理的な話に目を向けて考えてみる必要があると思います。

 

下記に北海道大和君事件の一部を掲載します。この数日前に同じ年齢の全く同じ失踪が置きています。私に対する仄めかしが多く含まれていたので、私はこれが故意に作られたものだとは理解しています。そして、私が騒ぎ出すと、大和くん事件の函館で観測史上初の震度6地震が発生します。この3つが自然発生的に起こると思うのですか。他の事件事故ともよく比較してみてください。

これで、台湾でのタイミングの良い地震も理解できると思います。彼らはこうやって大量の殺人を平気で行っているのも驚愕させられました。日本の大企業が買収される騒ぎで「不自然な台湾人殺人被告」が逮捕され、タイミング良く裁判が始まり、タイミング良く地震で100人以上の人命を失わせています。#人口地震 #台湾 #大和君

 

大和君事件の全文です。

故意に作られた事件事故関連(北海道児童置き去り捜索事件B7)
http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/03/172534

 

 

 

f:id:victim084:20170612141211j:plain

f:id:victim084:20170612141219j:plain

f:id:victim084:20170612141230j:plain

f:id:victim084:20170612141242j:plain

f:id:victim084:20170612141256j:plain

f:id:victim084:20170612141305j:plain

f:id:victim084:20170612141313j:plain

f:id:victim084:20170612141323j:plain

f:id:victim084:20170612141330j:plain

 

 

 

各ブログ内の目次リンクページです。
http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/04/170509 はてな
http://victim084.seesaa.net/article/victim084_links.html SeeSaa
http://victim084.jugem.jp/?day=20170528JUGEM
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/17627365.htmlライブドア
http://ameblo.jp/victim084/entry-12278295700.html (アメーバ)

共謀罪(テロ等準備罪)について。妨害のため急遽作成します。

共謀罪、テロ等準備罪について。作り直し。(20170614)

 

まず、不審点と問題点を箇条書きします。
国連の報告者からの進言に対して全くの無視をしている。」
「テロと危険を煽り、国民意識を扇動するが、実はテロは口実としか言えない。」
「明確な規定がないと恣意的なものに成り易く、冤罪を生み出し易い。」
「国民の自由人権プライバシーで多大な重圧を与えるが、自分たちに関わるものは削除する。」
「これらの仕組みが正義ではなく、恐怖政治に使われる可能性の方が高い。」
「」

 

国連の報告者からの進言に対して全くの無視をしている。」
これは同じ日本人として、とても恥ずかしい行為です。日本人は真面目で紳士的。日本は「平和でまともで美しい国」と豪語していることに対して泥を塗り、世界に対して恥を晒している行為と等しいです。何も問題がないのであれば、「貴方の言われたことは、ここが、こうで、こうなりますので、違います」と論理的に適切な反論をすれば良いだけの話です。曲がりなりにも国連の関係者である方の尊厳を傷付けて、一切議論に付けないようであれば、これは国際的にも負けを認める(何かやましいことがある)行為に等しいのではないですか。彼は質問があるから、内容を英語にして送って欲しいと言っているだけだそうです。なぜ適切な対応をしないのでしょうか。
何故、日本だけが忠告を受けるのか。オカシイといった意見がありますが、これと同じような法案を持っている他国では、もっと長期間を掛けて具体的に議論を尽くした上で可決されているようです。日本は具体性もなく議論も真っ当な解答がなく、国民を欺くような行為で拙速に進められようとしています。テロも多きな問題ですが、自由人権プライバシーも同じくらいの多きな問題です。これを騙すような形で無理からに進めようとしている。だから海外から不自然だと多くの声が挙がっているのではないのですか。昨今、日本の常識は世界の非常識といったことが多く発生しています。秘密保護法のときも、国連関連から問題を指摘されています。

 

「テロと危険を煽り、国民意識を扇動するが、実はテロは口実としか言えない。」
元々、この法律の原案には「テロ」に関する記述は無かったそうです。オカシイと主張する声に対応するために後で加えられた、要は後付の「テロ対策」が現在では聞こえが良いと、国民を欺くためのスローガンになっているようです。
しかし、実際には、その殆どが現在の法律で既に対処できるものを新たに加えたり、組織犯罪やテロとは関係のないものが半分以上入っているといった意味不明の状態だそうです。
更に、この法案が可決すると、この法律の名前からは「テロ」が消えるそうです。可決するためだけにテロを引き合いに出しているとしか言えない状況で、明らかにこの法案の目的は別にあると自分から言っているようなものです。なぜ、国民を欺くような秘境な方法で無理からに通したいのでしょうか。よく考えてみてください。
こういった国民を欺く手法で、論理性も合理性もない法案を通して悪用したケースは以外と多いです。例えば、「軽減税率」です。他のページを参照してください。創価公明党のこの原案には「食品」と「新聞」しかありませんでした。軽減税率だと「万人が享受するもの」と誰でも分かる基準があります。どうでしょうか。「トイレットペーパーなどの日常品」「風邪薬などの基礎医薬品」。これらの方が万人が享受すると誰でも理解できる優先順位の高いものです。にも関わらず彼らの法案には「新聞」とだけ書いてあった。私は昨今の新聞は、故意の事件事故などでも明らかなように偏向歪曲捏造が甚だしく万人のためにならない。全国民が利用するものではない。また、一般書籍の方が偏ってなく多様性があり、自己啓発や学生のためになり、とても役に立つ万人が享受できるもの。新聞より優先順位が高いと主張しました。
その後、口だけでは取って付けたように「書籍雑誌も入れよう」と言っていましたが入っていません。これは新聞利権の方を読んでください。こうやって国民を欺いて本当の狙いは違うといった前例は多々存在しています。もっと自分の国に興味と関心を持って、全てを知る努力をして自分の頭で考えてください。
この法案は、現状調べたところ明らかに目的は他にあると言わざるを得ない結果となっています。


#共謀罪 #テロ等準備罪

 

 

 

 

追加のフライング。(20170613_4)

 

共謀罪とテロ等準備罪の問題点
関係のない法律がセットになっている。どちらのものとも関係のないものです。「文化財保護法」「種苗法」「絶滅のおそれのある野生動物の主の保存に関する法律」「モーターボート競争法」「著作権法」などです。どうでしょうか。どちらにも関係のないものばかりです。これでもオカシイと思わない方がオカシイでしょう。


もともとの原案にはテロ問題は明記されていなかった。後付で使っているだけ。つまりはこの法案の元々の目的は別にあったことを意味します。


これでは国民の理解は得られないとテロを綺麗事でくっつけて、現在では殆ど関係のないテロを目的として国民を騙している。


これは消費税で逆進性の問題が上がったときに還付制度ではなく軽減税率を公明党が強く推奨したときと同じ嘘を政権与党がまた同じ手口を使っているということです。そのとき与党は「国民の所得や預金を調べる手段がありません」と言いました。しかし、実査には同じ時期に議論していた「マイナンバー制度」で「所得」と「預貯金」は把握できることが入っていました。このように彼らは国民には真実は殆ど知らせずに騙して法案を通すことばかり行っています。
それも、「防犯ネット」や「秘密保護法」などと同じく悪用目的で本質的な役目を殆ど果たさないものばかりで、国民を奴隷化するものばかりだということです。

 

 諸外国の事例を引き合いにされますが、実際に諸外国の殆どでは国民を挙げての長い議論を行った末に行われたそうです。なぜこの国では国民に極力知られないようにいつも急いで法案を通すのでしょうか。テロは多きな問題です。しかし、人権やプライバシーは同じように大きな問題なのに、彼らは国民のことなどはどうでも良いように思えます。私は中道なので、きちんと議論して決めれば良いのではないのですかと言いたい。
上記のように、何故関係のない内容が多く含まれているのか。共謀罪としてテロ等準備罪としても、どちらにも関係のない話が入っています。これが理解できるでしょうか。
更に、600以上の項目から必要なものだけ絞って277になったと言いますが、「キノコ採り」とか小さなものは残っているのに、議員汚職公職選挙法などの大きな内容は全て削られたそうです。なぜ国民の自由や人権、プライバシを犠牲にしてまでテロと戦うんだのような熱弁を振るっている割に、自分たちのものは無くすのですか。寧ろそれだけテロ意識があるのなら、まず自分たちのものはこれだけ頑張っていますから国民の皆さんもお願いします。と言うのが筋ではないのですか。全く言っていることとやっていることが矛盾しています。

面倒なので下記ページの内容を引用します。
http://www.huffingtonpost.jp/nobuto-hosaka/story_b_16205514.html
「「テロ等準備罪」という呼称は、政府がめざす「法案成立」までの一時的なものにすぎないのではないでしょうか。実際に、「組織的犯罪集団による組織的詐欺事件」に法律が適用され容疑者が逮捕されるケースを想定すれば、「新聞報道が『テロ等準備罪違反で逮捕』と報じることはなく、『組織的犯罪処罰法違反(組織的詐欺の計画罪)の疑いで逮捕』という見出しになるし、起訴のときは、『組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺の計画)の罪で起訴』という見出しになる」とベテラン司法記者は語っています。」
どうでしょうか。全くといって国民を騙す手口です。このような意味不明の法案が深い議論もされることなく急ぎ足で可決されることに疑問を持たないのでしょうか。

 

277項目を調べたところ半分以上がテロに関係のない分野でした。彼らがテロ以外の組織犯罪も入れるスタンスならば、政治家や官僚が関わる組織犯罪の「公職選挙法」「政治資金規正法」「偽証罪」などは入らないのでしょうか。こういったところが矛盾に満ちていて、国民を愚弄する内容ばかりでは、彼らのテロ等に対する熱弁を振るう姿勢は全部ウソにした見えません。これらの内容を見ても本当に正義のために行っていると思えるのですか。国民監視法案にしか見えません。この後に「盗聴法案」も来るでしょう。

 

根拠が無理からな「ダウンロード法案」。これなどは明らかにアップロードを取り締まるのが筋です。一般人には数限りなくネットに存在するものが何が違法なのかは明確ではなく分からないのが実情です。これを無理からに作って検挙格差を作り出します。共謀座もきちんと作れば問題はないのでしょうか。現状調べると上記のような意味不明なものになっています。これも下手をすると格差に繋がるアヤフヤなものになるでしょう。アヤフヤな法律は悪用され易いことは想像に固くはないと思います。
本来の目的以外だと何があるのかというと、本当は「明らかな犯罪者」は分かり易いから通常の法律で対応出来ます。彼らが望んでいることは「これらに当て嵌まらない人間」の弱みを握ることだと言えます。例えば、直接には犯罪に結びつかない「不倫」などは分かり易く、この法案などで個人のプライバシーを侵害し、盗撮盗聴尾行などを合法的に行いますが、明確な犯罪者以外で邪魔な人間に対しては効力はないです。そこで、こういった情報をリークして追い詰めることが見て取れます。「公職選挙法」「政治資金規正法」「偽証罪」などを敢えて外すことからも分かるように彼らの犯罪は殆ど出てきません。彼らはほぼやりたい放題です。邪魔な国民の弱みを握り言論妨害に利用することも目的の一つだから国民を欺いてでも意地でも無理からな法案ばかりを作ります。まだ分かり易い「駐車違反」などはどうでしょうか。ここにも格差が生まれることを考える必要があります。不倫や細かな弱みなどは駐車違反などより格差を知ることが難しいでしょう。全ての国民が対岸の火事や他人事ではないのです。
だから、これらの不確かさを埋めるためにも、慎重で具体的な議論と国民の理解が必要だというのです。

 

 

 

テロ等準備罪(共謀罪)について。取り急ぎ。(20170612)

数日前にこれに関して触れて、本日6月12日にネットでの妨害がありました。これは「集団的ストーカー現象」と同じような反応でしたので、公式に取り扱うことにしました。下記に証拠URL。
https://vimeo.com/221201404

その他、昨今の「集団的ストーカー現象」に対する告知が妨害されている証拠を一部掲載しています。何故このようなことが起こるのかを真剣に考えてみてください。昨今では、もともと言論の自由も無くなってきています。
https://vimeo.com/217316880 掲示板1
https://vimeo.com/217322056 掲示板2
https://vimeo.com/220196891 ブログ1
https://vimeo.com/220192574 FB

まず、この国ではすでに「集団的ストーカー現象」などで「盗撮盗聴」が行われています。私は2011年にこの犯罪に巻き込まれていることに気付き、色々と調べたところ政権与党に巣食っている創価公明に行き当たりました。
2013年には、創価公明による権力を使った「免許更新妨害行為」を受けています。証拠は下記URLから確認してください。

過去にも権力に入り込んだ宗教組織によって「免許更新妨害」などを受けています。精神分裂病を「統合失調」に安易な命名変更して対象を広げ、都合の悪い人にレッテルを張ったり強制入院させることも同じ流れではないのですか。私のブログ内容などを前部読んでから総合的に考えてみてください。私は負けない。
http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/04/115001
http://victim084.seesaa.net/article/victim084_2017060903.html

こういったことが平気で日本国内で行われています。これはホンの一部に過ぎません。「集団的ストーカー現象」のために「防犯ネット」「地域連携」などをゴリ押ししたのも創価公明と聞いています。その後、私がパブコメで書いた基本的な6項目の入っていない「秘密保護法」などを行い、更に現在「共謀罪」といった、調べたところ悪用されると戦前の憲兵のような人権蹂躙が可能な法案まで考えていると聞きました。
この国は創価公明に牛耳られた軍国独裁主義に進みつつあるのではないかと危惧することばかりです。


<妨害を受ける前にアップしてもの>
(20170610_3)
共謀罪」と「信教の自由」とは関連するのか。
創価学会を母体とする公明党がこれを支持している。
創価学会を作った創始者である牧口氏という方はこの「共謀罪」の前進でありほぼ同等と言われる「治安維持法違反」において投獄され獄死している。
これは創価学会の公式のVTRでも語られているそうです。この矛盾。
私は中道であり応援する政党はありませんし、信仰はあるが宗教には入ってない立場ではありますが、この「共謀罪」は日本に於いて一番、故意の事件事故に関わっていると疑われる創価公明が支持しているので、これを危惧する立場です。この創価公明が政権与党(権力)に擦り寄って他の宗教に対する「信教の自由」を阻害している事実があります。これは彼らが「正当に受け継ぎ実践」すると豪語している「大聖人」という偉い方の言葉とは裏腹だといった意味も持ちます。
この彼らが更に「信教の自由」を妨害する方向に動いている事実が甚だ問題だということを知って理解して欲しいです。結局は国民の自由と権利を奪い、自分たちの都合の良い社会に作り変えたいだけなのだと思います。これは「黒い手帖・日本占領計画」にも明記されている事実だと思います。ちなみに、この国では「痴漢冤罪」から「万引き冤罪」までと、多くの冤罪が起こっています。こういった理不尽に「人権」を踏みにじる可能性の大きいものは、もっと国民をあげて議論し、明確に規定するべきです。
危険を煽り自分たちの都合の良い論理ばかりを打ち立てて国民を騙すのが「軍国独裁主義」の特徴だということも理解しておく必要があります。まあ、私は極度の平和ボケ主義も危惧していますので、明確に中道的意見とします。
私の証拠類をきちんと理解していれば分かると思いますが、世界でカルトセクト認定されているような政党を抱えているような状態では、現在の政権与党は「保守」とは言えません。テロを行うような組織を内包していて「テロ」法案とかを豪語している段階で矛盾しています。これらはよく踏まえて考えるべきです。
戦争やテロがあって欲しくないことは誰でも考える当たり前のことです。でも、これを具体的な議論や明確な規定なしに暴走することは問題ないのでしょうか。実際にこの国では「言論の自由」や「人権蹂躙」が平気で起こっています。そのような当たり前の論理を引き合いに「人権」を無闇に危険に晒すことの問題には議論が及んでいません。「集団的ストーカー現象」など私の実際の経験に関する証拠を見てもらえれば分かりますが、不都合な人間に対する理不尽な人権蹂躙や人生破壊に対しては何も考えないのですか。国民をあげて議論してください。
#共謀罪 #創価 #公明 #黒い手帖 #日本占領計画

新追加リスト

https://www.youtube.com/watch?v=eZEfR-uGULc
https://www.youtube.com/watch?v=f5KWHqBzi0s


前回リスト
https://www.youtube.com/watch?v=gh4GntWHVDc
https://www.youtube.com/watch?v=_uw9iIKmv0Q
https://www.youtube.com/watch?v=7zfXhAGbAq4
https://www.youtube.com/watch?v=ylntuMO4KnU


追加リスト
https://www.youtube.com/watch?v=bxH6isdmGfQ
https://www.youtube.com/watch?v=oqPJFsY7VWE
https://www.youtube.com/watch?v=yO7d_W5ChDg
https://www.youtube.com/watch?v=CTsQC4k1C6s
https://www.youtube.com/watch?v=0TINvL1Wj-k
https://www.youtube.com/watch?v=Hw3KayS0lq8

 


危険を煽り自分たちの都合の良い論理ばかりを打ち立てて国民を騙すのが「軍国独裁主義」の特徴だということも理解しておく必要があります。まあ、私は極度の平和ボケ主義も危惧していますので、明確に中道的意見とします。
私の証拠類をきちんと理解していれば分かると思いますが、世界でカルトセクト認定されているような政党を抱えているような状態では、現在の政権与党は「保守」とは言えません。テロを行うような組織を内包していて「テロ」法案とかを豪語している段階で矛盾しています。これらはよく踏まえて考えるべきです。

 

 

<その他>
創価学会の方に言いたい。一度解散させてやり直してください。世界平和のために資産を貧困国に寄付して、もう一度正しい道に戻ってください。現在の創価の本質に疑問を持って袂を分かった者たちで一から作り直したら良いのです。私は宗教に入ったことがないので詳しくは知りませんが、日蓮大聖人という方の言葉とは裏腹に権力に癒着して人の不幸の上に金儲けをしています。政党な仏教を継承しても実践もしていません。もう宗教団体と騙るのは止めて、由緒正しき正当な仏教に入れば良いだけではないのですか。犯罪組織である証拠は沢山出てきています。名前を変えて戸田学会などに改めて真っ当な人たちだけでやり直せないのですか。
なぜ、反対集会と称して世間を騒がせることはあっても、創価の方針とは明らかに違う行動をとっても公明党は利権を貪り、何の変化もないのですか。私には懐疑的です。これでは茶番と言われても仕方がないような気がします。本当に人生を理不尽に潰されて苦しんでいる人間もいることを知ってください。

#共謀罪 #テロ等準備罪 #集団ストーカー #集スト

 

 

各ブログ内の目次リンクページです。
http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/04/170509 はてな
http://victim084.seesaa.net/article/victim084_links.html SeeSaa
http://victim084.jugem.jp/?day=20170528JUGEM
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/17627365.htmlライブドア
http://ameblo.jp/victim084/entry-12278295700.html (アメーバ)

元タレント「清水由貴子」さんの証言。

下記に、元芸能人の「清水由貴子」さんの話に関する動画URLをアップします。私は2011年ごろに集団的ストーカー現象という犯罪を知った人間ですが、それ以前に外出先から変えると言えの中の様子が変わっていることが度々ありました。当時から何者かが家の中に入っているのだろうとは思っていましたが、清水さんも同じような体験をされているようです。彼らの手口の一つであると思われます。
家の鍵ですが、この程度の鍵は彼らにとってはあってないようなものです。現在では家鍵の安心神話は完全に崩れ去っています。カルトなどの組織犯罪においてはあって無いようなもので、鍵屋やそれに準ずる技術を取得している人間が100%まともかと言うと、それは有り得ないのと同じことです。日本は完全に性善説という亡霊に取り憑かれていますが、現在の事件事故をみると明らかなようにすでに日本はまともな国ではなくなっています。「まさかそのようなことはしないだろう」とか「まさかそのようなことはないだろう」などという発想がすでに現実を理解していません。鍵を掛けているにも関わらず、何故か就寝中に何者かに襲われて殺される事件が多く発生しています。殆どが故意の事件と判明しています。一言でいうと極度の平和ボケは止めた方が無難です。必ず内鍵などで内側から補強しましょう。軍国主義も問題ですが、現在のこの国では極度の平和ボケや無知無関心、極度の泣き寝入り文化の方が問題です。世界にも稀に見る特殊詐欺の多い国です。「一度詐欺にあった家庭には、次から次へと様々な詐欺がやって来る」そうです。海外のような銃社会までとは言いませんが、日本は非常にぬるい考えのようです。最低限の自己防衛手段の知識についても考えていく必要があるのではないでしょうか。
極度の平和ボケが怖いところは被害に遭っても気づかずに悪化させるということです。それは被害者やヘタをすると犠牲者にしかなりません。
https://www.youtube.com/watch?v=sKGhMjgQJt8
https://www.youtube.com/watch?v=_lf3BUYLmes


#集団ストーカー #集スト #創価 #宗教 #盗撮 #盗聴 #鍵

 

 

 

各ブログ内の目次リンクページです。
http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/04/170509 はてな
http://victim084.seesaa.net/article/victim084_links.html SeeSaa
http://victim084.jugem.jp/?day=20170528JUGEM
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/17627365.htmlライブドア
http://ameblo.jp/victim084/entry-12278295700.html (アメーバ)